左右面の素振りを実戦に活かそう

剣道をやっている方なら、毎日素振りをやっているかと思います。
その中でも左右面の素振りは、左右に打ち分けることで、刃筋を利かせ、手の内の柔軟さと手首の使い方を養う狙いがあります。

 

左右面の素振り

 

また、稽古前の備運動としても行われますが、単なる準備運動でなく実戦に結びつけて行うことが大切です。
試合の打ち合いの中で対戦者の動きに応じて、相手が受けるところで活かせるようにすることまで意識して練習する必要があります。

 

 

つまり基本技の面を受けさせるように仕向けることまで考えるようにするわけです。
そして、相手に受けさせて更に攻めに転じるためには、左右から圧力をかけるようにすることが重要です。

 

 

相手がそれを受けることによって逆側が空いたところに打つようにするわけです。
これは一つの戦術になります。

 

 

また、相手に剣先を押さえられた時にも、左右面の手の内の使い方を利用すれば、すかさず面が打てますね。
ただ、左右面打ちの素振りも上下素振りと同じく、竹刀を斜めに使っても左拳は身体の中心から外さないようにするのが基本です。

 

 

手の返しを意識して、最初は刃筋を正しく立てることを重視して正確に行っていきましょう。
なお、面打ちが遅い人は右手主体の打ちになっていることが殆どです。
試合に勝つためにも、しっかり左右面打ちの素振りを実戦でも使えるように意識して練習していきましょう。

 

合わせて読みたい関連記事

素振り(竹刀の振り方)