相手の崩し方について

相手を崩して打つことが出来ていますか?
剣道の試合で勝つには、相手を崩すことは必須とも言えますね。

 

 

相手に隙がなけれな打ちにいってはいけませんが、その場合はこちらで作り出す必要があります。
とは言え、試合に勝てない多く剣士は、相手を崩す前に自分の方が先に崩れているのではないでしょうか。

 

 

そのようになるのは蹲踞の姿勢から立ち上がって 相手をすぐに崩そうとしてしまうからでしょう。
そして、相手を崩す為には、まず、いつでも打ち出せるように構え、相手に威圧感を与えるようにすることが必要です。
その為には、左手の親指の第二関節を自分のへその前に持ってくるようにすると、おのずと剣先が延長線が相手の眉間あたりに向くようになります。

 

 

また、重心は左足の土踏まずに乗せて真っ直ぐに立って構えることで、瞬時に打突に移ることが出来る筈です。
ですが、気あたりのある身構えをしても、相手が微動だにしないようなら、構えを崩さずにしわりと間合いを詰めていくようにします。

 

 

但し、この時に姿勢が崩れてしまうと相手に圧力をかけることが出来ないので、細心の注意を払いながら構えを崩さずに詰めていくことが大切です。
また、圧力がかかって気が張っている時と言うのは、こちらの動きに対して相手が反応しやすくなるものです。

 

 

そこで、構えたところから右足だけをスッと出して相手を誘ってみるのも良いでしょう。
相手がそれに誘われて打ち出てくれば、その端を打てば良いわけです。

 

 

この他にも、お互いの気が張りつめた状態の時に、上や下に攻めるなど剣先の上下によって誘って、相手が前に出て来たら胴を打つなど、相手の崩し方にも色々あります。

 

 

しかし、剣道は相手ありきの競技なので、こうしたら必ずそうなるということはありませんが、このような過程が必要であるということは同じです。
このあたりを心得て試合に臨めば、勝機も増えてくるでしょう。

 

 

相手の誘い出し方などもしっかり学べます!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<