飛び込み小手で1本をとるには?

飛び込み小手で1本とることが出来ますか?
小手打ちも面と同様に相手の中心を取り、表をとられた相手が、逆に取り返そうと竹刀を押し返したところをすかすような感じでかわして、その瞬間に出来た相手の右小手の隙を狙う技が飛び込み小手です。

 

 

その為、剣道の試合でお互いが竹刀で押し合うせめぎ合いの中で、こちらが表を攻めると、相手もすぐに押し返えしてくる場合などに使うと効果的です。

 

 

何より、小手は面のように打突する部位が高い位置ではなく近いので、竹刀の振り上げが低くても打ち込んでいけ、こちらの竹刀が相手の剣先よりも上がれば直ぐにでも打っていけ、比較的遠間からでも決めることが出来ますね。

 

 

そんな飛び込み小手の打ち方は、遠間から一足一刀の間合いに入りながら表を攻めて相手の中心をとると、相手も負けまいと間をおかずに押し返して、反対に表をとろうとしてきたら、自分の竹刀をパッと上に外します。

 

 

そうすると相手は押していた力がすかされたようになり、そのまま惰性で竹刀が左に持っていかれて右小手に隙が出来ます。
その一瞬のすきを狙って、すぐさま上げた竹刀をそのまま振り下ろして、右小手を小さく速く打つようにします。

 

 

相手に飛び込んで行く時には、右足で前に出るのではなく、左足で床を押し出して前に飛び込んで行きます。
ただ、剣道初心者の方に多く見られますが、速く打とうと腕を伸ばそうとする人がいますが、肩と肘の間である上腕はあまり動かさなくていいんですね。

 

 

また、試合に勝つには攻めの組み立てをある程度考えておくと良いです。
例えば、竹刀で押し合いになったら、表を押さえて飛び込み小手、次に小手フェイント面、その次は裏を攻めるなど、相手がこうきたら、次の展開はこうというように、先まで考えておきたいものです。

 

 

特に仕掛け技は、間髪入れずに攻めるのがポイントで、飛び込み小手を狙われた相手は、次の表からの攻めもまた同じかと思ってよける可能性が高いので、上手く面が当たるかもしれません。
面が当たらなかったら、一転して裏から攻めます。

 

 

これはほんの一例ですが、相手が自分の技を読んでよけたり、返し技をされるよになってきたら、それを伏線として別の展開を考えるのも、試合で勝つ為の戦術として有効です。
いずれにしても、自分の得意な技を組み合わせてパターンを作っておくことは試合を有利に進めるコツとも言えるでしょう。

 

 

なお、小手には色々な打ち方がありますが、相手の出方によっては下から打つと決まりやすい場合もあります。

 

 

自分の得意技の組み合わせパターンを作りたい方へ

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<