諸手突きのコツ

試合で突きを決めることが出来ますか?
一本にするための突きのコツは、突いたらすぐに手を引いて中段の構えに戻ることです。

 

諸手突き

 

そすることで、反則を取られたりすることも少なくなります。
ですが、突き技は面や銅に比べて打突部位の突き垂れは小さく狙いにくいということがあります。

 

 

わずかなズレで剣先は突き垂れから外れていきます。
また、突きが怖いという人は自分がしっかり決めれるようになると怖さも自然となくなってきます。

 

 

上手く突き垂を捉えることが出来ない理由としては、左拳が中心から外れているからに他ありません。
左拳が腹部に収まっていれば、竹刀の軌道も安定しますから、打突部位を高い確率でとらえられるようになれる筈です。

 

 

それには、腕の力を抜き、両手を少し内側に絞り込むような意識を持って突くと良いかと思います。
その際は、腕ではなく、腰で突く意識を持って行うと腰の入った強い突きになります。

 

 

また、剣先の攻め方によって表、裏、前突きの3つ突き方があります。
表突きは、こちらが相手の裏から攻め、相手が反応し竹刀を押し返してきた力を利用して、相手の竹刀の下からこちらの竹刀を回して踏み込んで、隙ができた表から諸手突きをする。

 

 

裏突きは表から相手の中心をとろうと攻め、相手の反応を利用します。前突きは、剣先で中心(鍔元)を攻めて相手の反応を誘って突きます。
突きのやり方やポイントはどれも同じです。

 

 

いずれにしても、突きっぱなしせずに、素早く竹刀を引き戻し、すぐに残身をとって、次の動きに備えるようにしましょう。
この一連の動作をスムーズに行うことで突き技は一本になるでしょう。
なお、突きが決まらなくても、すぐに面や小手などの連続技としても効果的なので、試合に勝つために身につけておくと良いかと思います。

 

剣道上達革命の詳細を見てみる