試合で引き小手を決めるには?

MENU

試合で引き小手を決めるには?

剣道の試合で引き小手を決めることが出来ていますか?
引き小手も引き面と同じように、左足を引いて距離をとって、右足を踏み込むと同時に打つのが基本的な攻め方ですね。

 

 

ですが、これではなかなか試合では1本がとれません。
鍔迫り合いから引き面を打つ時には、左拳が体の中心にあることが基本ですが、引き小手は違ってきます。

 

 

何故なら、小手は面や胴よりも手前の位置にあるので、そのまま両手を中心に置いたままでは間合いが狭いので打ちづらく、打突にも強さが加えずらくなるからです。

 

 

その為、右拳は中心に必ず置くようにしますが、左拳は左の脇腹の前あたりにもってくると良いです。
この時には、身幅より外れてはいけませんが、打突の瞬間に左脇腹に引くという意識を持って行うと、窮屈にならずに強い打ちが出来るようになり、試合でも決まりやすいように思います。

 

 

一方で、小手は面や胴に比べて手前にあるので、それだけ足を引くようにすればいいのではないかと考える人もいるでしょう。
ですが、下がる位置が違ってくれば、相手に小手がくると勘づかれてしまいますし、何より打突そのものが遅くなります。

 

 

その為、鍔迫り合いから引き小手を打つ場合は、左足を引くと同時に左手を左脇腹へ引いて打つ必要があるのです。
また、この時には振りかぶる必要はありません。

 

 

更に、足を引くと同時に引き小手を打ったなら、素早く後ろに下がり相手から離れる必要があります。
そうしないと、相手に追いかけられて面を打たれる可能性があるからです。

 

 

ですので、右足での踏み込みは後退するのを遅くしてしまうので、基本的には引き小手で踏み込み足は使わず、歩み足でより速く離脱したほうが、相手に追い打ちをくらう危険性もそれだけ低くなるでしょう。

 

 

引き小手など、つばぜり合いから一本が決まりやすい方法をお教えします!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

間合いの取り方
勝つ為の技の仕掛け方
打突に冴えを出す
個人戦と団体戦の試合の運び方
相手の癖を見抜く
相手の力量を見抜くには!?
相手の変化に合わせた対処法
試合に勝つ為の攻めどころ
試合での攻め方
強い相手には側面正対で攻める
攻め込むチャンスの見極め
相手のいつきを把握しよう
相手の心理状態を利用する
中盤以降の攻め方(一本先取時)
一本先取された時の試合の進め方
終盤の試合の進め方(どちらも一本取っていない場合)
面の実践的な打突方法
実践での効果的な小手
足さばきの練習を試合前には取り入れよう
誘い足からの面
鍔迫り合いを制するコツ
相面に勝つ方法
鍔迫り合いでの相手の体勢の崩し方
裏のすり上げ技も覚えよう
胴に対する応じ技もマスターしよう
小手打ち落とし面で一本を取る
相手の打突後に面を打つ
小手を打たれやすい人の対応方法
面の二段打ちで試合を優位に進めよう
身長が低い選手は足さばきを駆使しよう
多くの連続技を覚えて試合で優位に立とう
小手が苦手で試合で決まらない
小手を攻めて面で一本をとるには?
勝つ為の試合前の心構えと注意点
鍔迫り合いから引き面を裏から打つ
相小手面で1本を取るには?
面返し胴のコツ
面抜き胴で試合に勝つコツ
試合に勝つには先をとる事が大切
間合いを悟られずに小手を打つ方法
相手が場外を背にしている場合の一本の取り方
小手返し小手のコツ
手の内の冴えを出す練習
引き技で一本が取れない原因と対処法
踏み込みを強化して試合に勝とう!
上段に対する攻め方
打突に強さと冴えを出すには?
剣先にスピードを出すには?
左右のさばきを習得しよう
相手の出方によって先後の技を使いわけよう
相手の崩し方について
掛かり稽古で強くなろう
試合で相手の戦い方を見極めるには?
出ばな技で先手をとろう
飛び込み小手で1本をとるには?
継ぎ足のコツ
突きから面
実戦での面の打ち方
胴打ちを決めるポイント
面抜き面のやり方
担ぎ技の効果的な使い方
入りからの面すりあげ面
面体当たり引き面のポイント
巻き技のコツ
試合での中心の取り方
払い技のコツ
引き技の崩し方
小手返し面のコツ
避けた後に面
相手の誘い出し方
相手の居着かせ方
剣先が開き気味の相手から一本を取るには?
手元の硬い・柔らかい相手の攻め方
足幅の広い、狭い相手から1本をとる
相手の攻めに対しての対応