出ばな技の稽古法?について

剣道の稽古をしている人なら、出ばな技で一本が取れるになりたいと思っている人は多いと思います。
出ばな技は相手が攻撃に気持ちが向いている出頭を狙う技なので、それだけ相手は防御などの対応することが難しくなるので、狙い目になります。

 

ただ、出頭を狙うといっても、単に合わせようとすれば相手の前に出る勢いに押されて合い面になっても審判の旗は相手に上がる可能性が高いでしょう。

出ばな技の稽古法

 

なので、こちらが先手を取りしっかり攻めて、相手が仕方なく出ようとする出頭を打つ、あるいは攻め合いの中で相手の打ち気を誘い、その出頭を打つことで出ばな技は成立します。

 

 

そんな出ばな技の稽古は、素振りも大切ですが、実戦形式の稽古で約束事を決め、打突の機会を身につけるようにしたほうが効果的です。

 

特に自分の動きに違和感があり、出ばな技が決まらない人や初心者はこの稽古から始めると感覚もつかみやすいのでおすすめです。

 

具体的な出ばな技の稽古のやり方は、相中段で一足一刀の間で構え、相手が右足から一歩出てきたら、左足から一歩下がり一足一刀の間を保ちます。

 

 

今度は逆に自分が中心を取りながら攻め返し、自分が右足を出すと、相手は左から下がり、自分は左足を引きつけて攻めたてます。

 

そして、相手が再び前に出ようとするところを、左足に重心を移して床を蹴り、右足から踏み込み、相手の竹刀の上から乗るような感じで、小さく鋭く正面を一気に打ちます。

 

一方、攻め合いの中で相手の打ち気を誘うには、遠間から攻めて、右足をスーッと出して相手を誘うようにします。
左足はしっかりと固定して、いつでも床を蹴って前に跳べるようにしておきます。

 

 

右足を出せば、相手は近づいてきたと思い技を出してくるので、そこを出ばな面でコンパクトにとらえます。
この時には一点に集中して、相手が打ってきたと思ったら「パッ」と瞬間的に捉えて打つという意識が大切です。

 

右足をスーッと出して相手の中心をとることで、相手の打ち(竹刀)は流れていき、自分が正面を捉えることができるようになります。
また、足を素早く床につけることも出ばな技のコツです。

 

何故なら、足の踏み込みが遅いと、コンパクトに素早く打てないからです。
足を遠くに出そうとするのではなく、足を床に素早く着床させるということ。

 

 

これは出ばな面ですが、出ばな小手も要領は同じです。
相手が対応しようと手元を上げたところを反射的な動きで瞬間的に小手を捉えます。

 

左足で床を蹴って、足を素早く床につけ最短距離で小さく鋭く小手を打ちます。
出ばな小手の場合は、距離が近くなるので大きく踏み込まないようにしますが、反対に前に踏み込まないと手打ちになってしまうので注意が必要です。

 

中心をとって攻めれば相手も取り返そうと竹刀を押し戻してくるので、その瞬間に手首を立て小さく振り上げれば、相手の竹刀は行き過ぎてしまい小手が開くこともあるので、そこを狙って打ちましょう。

 

 

斜めから小手を打とうとすると体勢が崩れてしまい、刃筋も立たないで平打ちになりやすいですし、面を相手に打たれやすくもなります。
また、打った後に身体を沈ませたり、横に逃げながら打ったりする人もいますが、これでは一本になりません。

 

なので、中心を取り真っすぐ構えた状態から、身体の中心線上に手首を使って竹刀を立て、左にこぶしをひねったりすることなく最短距離で打ち込むようにするのが正しい出ばな小手です。

 

また、これまで紹介してきたのは上から小手を打ちましたが、相手の打ち方や構えによって、押し返してくる、押し返してこない相手もいます。

 

 

あまり押し返してこない相手には、打ちに行っても上手くいかないので、そのような場合は、上ではなく下から回して小手を打つと良いでしょう。

 

なので、出ばな小手でも、上から打つ場合、下から打つ場合の両方の出ばな小手を練習しておいたほうが良いと思います。いずれにしても、普段の稽古から出ばな技を意識して練習することで、試合に生きてくるはずです。

 

なお、上記の出ばな技の稽古法は、出ばな面、出ばな小手にもそのまま応用して使えます。

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<