動作の切り替えを早くする稽古法

剣道の試合では打突の速さも大切ですが、それ以上に重要なのが素早い動作さの切り替えです。

 

切り替え

 

攻める時に1回ごとに技が途切れてしまったり、動きが止まったりすすれば相手にとって打突のチャンスなり打たれてしまいます。

 

 

ですので、剣道で良く言われる「縁をきらない」ことが大事で、打突の切れた状態を作らないように、次々に技を出し、相手にプレッシャーをかけ続けられるようにすることが一本、しいては勝ちに繋がります。

 

 

何より、一本の技がクリーンヒットして一発で決まるというのはそうはないでしょう。二の技、三の技とつないでいき、その末に有効打突となることが殆どです。

 

 

その為、切り返しや連続技、受けたところなどで、初太刀が不十分のようだったら次を攻めるという意識を常に持って稽古し、技が尽きないようにする。

 

 

1回目の打突が次に打突の機会になっていると考え、右を打ってダメなら左といった具合に普段から徹底して行うと良いです。
特に切り返しの練習では、この意識を持って行うことで、おのずと打突にもスピードが出てくるものです。

 

 

練習方法としては、例えば前に出ながら、左面を打ったらすぐに切り返して右面を打突するといった具合に、左右の面を1回ずつ打つことを1セットとして、左、右面を息つく間に打つようにします。

 

 

いずれにしても。技を繋ぐ展開する力が乏しいと、なかなか試合で結果が出せず、後々苦労することになるでしょう。

 

剣道上達革命の詳細を見てみる