攻めを強化する稽古法とは?今のご時世に勝つためには有効な練習

剣道の試合で攻めがしっかり効いていますか?

 

今の剣道は「つばぜり合いはなるべく避けよう」「すぐに別れよう」「すぐに技を出そう」というような審判法になっていますね。

攻めを強化する稽古法

 

そのため、これまではつばぜり合いの技が多かったのが、正しい構えから相手との間合いをしっかり詰めながら攻め込んで打突につなげる一本打ちからの技が非常に多くなっています。

 

 

そのため、攻めが弱いのはダメ。
今の剣道の試合に勝つためには、もっと攻めを強化することが必要と考えます。

 

それには、攻めを強化する稽古を行い、攻めが効いているかどうか、攻めが効いているときに元立ちは打たせ、攻めが効いていなかったら応じ技を出す、といった稽古をやるといいです。

 

例えば、相手の攻めが効いていない場合は、面打ちをすりあげて面を打ったり、あるいは返したり、打たせないだけでもいいでしょう。

 

 

このような攻めを強化する稽古も、なるべくつばぜり合い避ける今のご時世の剣道の試合に勝つためには有効です。

 

要は普段の稽古内容を実戦でどう活かすか?
当たり前のようだけど、実際には難しいことですよね。

 

ただ打つだけの練習ではなく、打つ前の攻め方の稽古がこれからは重要になってくると思います。

 

 

これをお互いがやることで、相手の打突を引き出し受ける側の元立ちも「こうやれば攻めが効くんだな」「こういのは攻めが効いていないんだな」というのもわかってくるようになり、それを今度は自分が打つ場合に活かしていくことができます。

 

剣道ではこうして得た課題を、普段の練習メニューにあてはめ、どのようにすればうまくいくのか、自分なりに考えたり工夫することが大切です。

 

人から押し付けられた練習はモチベーションが上がりにくいものですが、自分が強くなりたい、試合に勝ちたいといった目標がある稽古なら、頑張る原動力になります。

 

 

そして、その練習でやったことが試合で発揮されれば、より稽古が楽しくなりモチベーションもさらにあがるといった、好循環になるはずです。

 

こうしたいい流れを作って、今のご時世でも効率よく上達していきましょう。

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<