出ばな技 先手 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

出ばな技で先手をとろう

剣道で試合に勝つには、先手をとり主導権を握りたいものですね。
「出ばなをくじく」という言葉どおり、出ばな技には心理的に相手を追い込む効果があり、先手をとるには有効な技です。

 

 

何より、剣道では出ばな技こそ極意や奥義とも言われ、どんなに強く隙が全くない人でも、打とうとする瞬間には構えが崩れ、そこに隙が出来るのです。
その為、様々な方法で相手を攻めて、ここぞという一瞬に技を仕掛け打って出るわけです。

 

 

このように、出ばな技は打つ好機を察知して、そこを捉える技術だからこそ極意と言われる所以でしょう。
したがって、集中力はもちろん、気迫で相手を圧迫し、どんなの些細な動作も見逃さず間髪入れずに動いて、打って出なければいけません。

 

 

例え、それが決まらなくても、相手からしてみれば自分の出ばなを見抜かれているという思いから、攻撃の手が止まるものです。
そこが狙い目でもあり、その機会を逃さずに一気に攻勢に転じれば、試合の主導権を奪え、その後の展開を有利に持ちこみやすくなりますよね。

 

 

そんな出ばな技が特に決まりやすい相手は、竹刀の振りが大きい、もしくは遅い、打つ前に継ぎ足をする、二段技やフェイント技で来るなどの特徴が見られる場合です。
もし、相手が小手面でくるようなら、出ばな面を打つと決まりやすいでしょう。

 

 

いずれにしても、剣道の試合で勝ちたいなら、出ばなを狙って稽古することを心掛けることが大切です。

 

 

この教士八段 香田郡秀先生監修の剣道上達革命DVDでは、相手の誘い出し方から出ばな技のコツや練習方法が分かりやすく実演で解説してあるので。試合で主導権を握る為にも、この機会にしっかり学べば、その後の上達が早くなるでしょう。

 

試合で勝つ為の出ばな技のコツをお教えします!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

間合いの取り方
勝つ為の技の仕掛け方
打突に冴えを出す
個人戦と団体戦の試合の運び方
相手の癖を見抜く
相手の力量を見抜くには!?
相手の変化に合わせた対処法
試合に勝つ為の攻めどころ
試合での攻め方
強い相手には側面正対で攻める
攻め込むチャンスの見極め
相手のいつきを把握しよう
相手の心理状態を利用する
中盤以降の攻め方(一本先取時)
一本先取された時の試合の進め方
終盤の試合の進め方(どちらも一本取っていない場合)
面の実践的な打突方法
実践での効果的な小手
足さばきの練習を試合前には取り入れよう
誘い足からの面
鍔迫り合いを制するコツ
相面に勝つ方法
鍔迫り合いでの相手の体勢の崩し方
裏のすり上げ技も覚えよう
胴に対する応じ技もマスターしよう
小手打ち落とし面で一本を取る
相手の打突後に面を打つ
小手を打たれやすい人の対応方法
面の二段打ちで試合を優位に進めよう
身長が低い選手は足さばきを駆使しよう
多くの連続技を覚えて試合で優位に立とう
小手が苦手で試合で決まらない
小手を攻めて面で一本をとるには?
勝つ為の試合前の心構えと注意点
鍔迫り合いから引き面を裏から打つ
相小手面で1本を取るには?
面返し胴のコツ
面抜き胴で試合に勝つコツ
試合に勝つには先をとる事が大切
間合いを悟られずに小手を打つ方法
相手が場外を背にしている場合の一本の取り方
小手返し小手のコツ
手の内の冴えを出す練習
引き技で一本が取れない原因と対処法
踏み込みを強化して試合に勝とう!
上段に対する攻め方
打突に強さと冴えを出すには?
剣先にスピードを出すには?
左右のさばきを習得しよう
相手の出方によって先後の技を使いわけよう
相手の崩し方について
掛かり稽古で強くなろう
試合で相手の戦い方を見極めるには?
飛び込み小手で1本をとるには?
継ぎ足のコツ
突きから面
実戦での面の打ち方
胴打ちを決めるポイント
面抜き面のやり方
担ぎ技の効果的な使い方
入りからの面すりあげ面
面体当たり引き面のポイント
巻き技のコツ
試合での中心の取り方
払い技のコツ
引き技の崩し方
小手返し面のコツ
試合で引き小手を決めるには?
避けた後に面
相手の誘い出し方
相手の居着かせ方
剣先が開き気味の相手から一本を取るには?
手元の硬い・柔らかい相手の攻め方
足幅の広い、狭い相手から1本をとる
相手の攻めに対しての対応
打ち落とし技のポイント
逆胴で1本をとるコツ
勝っている時は場外を背にしない
勝っている時は遠い間合いを保つ
攻めの定石
得意技を身につけるには?
体さばきのコツ
試合での相手の崩し方
面体当たり引き胴
小手すり上げ小手のポイント
剣道の試合での立合い