強い相手には側面正対で攻める

剣道の試合でこちらが攻め入って、相手が手元を動かしたりせずに、攻め返してくるようなら技術的にも精神的にも強く、かなりの実力がある相手と判断できますね。

 

 

このような強い相手に正面から攻めても、勝機は見出すことが難しいようなら、側面正対で攻めることが重要になってきます。
つまり、足さばきで相手の横(側面)から正対するようにすると良いでしょう。

 

 

当然、相手も正対するために向きを変えなくてはならくなるので、その間は相手と互角の状態を作ることができます。
また、対戦する相手が自分よりも体格が大きい場合にも、側面正対で攻めるのは有効です。

 

 

では、どのような足さばきで相手の側面に出るかですが、例えば右に出るようなら、右前方に右足を先に移動させ、左に出るのであれば同じように左足を先に、もう一方の足を超えないくらいに左前方に出します。
そして、もう一方の反対の足を移動させるようにします。

 

 

この足さばきを小さく素早く行うことが大切です。そして、先に移動させた足は、床につけた時につま先を相手に向けるようにします。

 

 

その他の攻め方には、一旦、一足一刀の間合い(一歩踏みこめば相手を打突でき、一歩退けば相手の打突をかわすことのできる距離)から相手との距離を取るために竹刀で払うなどして間合いを一旦切って、相手の呼吸を外して仕切り直してから、側面正対など織り交ぜながら攻めるのも効果的です。

 

 

教士八段が実践する足さばきの練習とは?

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<