攻めの定石

剣道にかぎらず、戦いには攻めの定石というものがあると思います。
もちろん、それはその人の力量などによって違うでしょうが、やはり、剣道ならそのセオリーにそった定石の攻めをしていくことが大切でしょうね。

 

スウィング歩行

 

例えば、相手が上段の場合なら、左小手を攻めるようにするのが定石だと思います。
左小手を攻めて、相手が打たれまいとして引くと、わずかですが右小手が前に出るので、そこを打つようにするのです。

 

 

ただ、その過程において、今打ったらどうかと考えることは何度もあるでしょう。
仮に打たなかったとしたら、自分の体勢などが十分でなく、その機会ではないと判断したからです。

 

 

攻めが不十分なのに、不用意に打ち込んでいってもさばかれてしまいますからね。
そうした不安要素がある時には、打ち気を抑えるようにする必要がありますが、なかなかそうは出来ないというのが人間でしょう。

 

 

試合で一本を取る過程においては、不安との闘いでもあるのかな〜。
言い換えれば、自らが抱える不安要素を一つずつ取り除いていくことでもあるといえると思います。

 

 

そして、それを全て取り除けた瞬間が、打突の機会になり勝敗の大きな分かれ道になるでしょう。
それを逃したら、また新たな不安が出てきてしまうからです。

 

 

ただ、実際の試合ではなかなか思い通りにいかないのが剣道です。
また、過去に対戦した相手なら、それを踏まえたうえで戦術を練る必要があるでしょうね。

 

 

更に、定石が通じない相手もいるので、そういう相手には意表をつく技が効果的です。例えば、担ぎ技などがいいかもしれません。

 

 

特に、こちらが一本取らなければいけない状況、相手にしてみれば打たれるリスクを少しでも低くしたい状況では、こちらが竹刀を担ぐようにすれば、竹刀が右に移動するので相手には小手に見え、打たれまいとして無意識にその動きに合わせて剣先を右に開くようにするからです。

 

 

それが出来れば、そのまま面に行ったりと、相手の反応に応じて打ちにいくことも出来ますね。
いずれにしても、まずは定石ありきで攻め、相手の心理面も探りながら戦術を練っていくようにしたいものです。