攻めの定石 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

攻めの定石

剣道にかぎらず、戦いには攻めの定石というものがあると思います。
もちろん、それはその人の力量などによって違うでしょうが、やはり、剣道ならそのセオリーにそった定石の攻めをしていくことが大切でしょうね。

 

スウィング歩行

 

例えば、相手が上段の場合なら、左小手を攻めるようにするのが定石だと思います。
左小手を攻めて、相手が打たれまいとして引くと、わずかですが右小手が前に出るので、そこを打つようにするのです。

 

 

ただ、その過程において、今打ったらどうかと考えることは何度もあるでしょう。
仮に打たなかったとしたら、自分の体勢などが十分でなく、その機会ではないと判断したからです。

 

 

攻めが不十分なのに、不用意に打ち込んでいってもさばかれてしまいますからね。
そうした不安要素がある時には、打ち気を抑えるようにする必要がありますが、なかなかそうは出来ないというのが人間でしょう。

 

 

試合で一本を取る過程においては、不安との闘いでもあるのかな〜。
言い換えれば、自らが抱える不安要素を一つずつ取り除いていくことでもあるといえると思います。

 

 

そして、それを全て取り除けた瞬間が、打突の機会になり勝敗の大きな分かれ道になるでしょう。
それを逃したら、また新たな不安が出てきてしまうからです。

 

 

ただ、実際の試合ではなかなか思い通りにいかないのが剣道です。
また、過去に対戦した相手なら、それを踏まえたうえで戦術を練る必要があるでしょうね。

 

 

更に、定石が通じない相手もいるので、そういう相手には意表をつく技が効果的です。例えば、担ぎ技などがいいかもしれません。

 

 

特に、こちらが一本取らなければいけない状況、相手にしてみれば打たれるリスクを少しでも低くしたい状況では、こちらが竹刀を担ぐようにすれば、竹刀が右に移動するので相手には小手に見え、打たれまいとして無意識にその動きに合わせて剣先を右に開くようにするからです。

 

 

それが出来れば、そのまま面に行ったりと、相手の反応に応じて打ちにいくことも出来ますね。
いずれにしても、まずは定石ありきで攻め、相手の心理面も探りながら戦術を練っていくようにしたいものです。

 

関連ページ

間合いの取り方
勝つ為の技の仕掛け方
打突に冴えを出す
個人戦と団体戦の試合の運び方
相手の癖を見抜く
相手の力量を見抜くには!?
相手の変化に合わせた対処法
試合に勝つ為の攻めどころ
試合での攻め方
強い相手には側面正対で攻める
攻め込むチャンスの見極め
相手のいつきを把握しよう
相手の心理状態を利用する
中盤以降の攻め方(一本先取時)
一本先取された時の試合の進め方
終盤の試合の進め方(どちらも一本取っていない場合)
面の実践的な打突方法
実践での効果的な小手
足さばきの練習を試合前には取り入れよう
誘い足からの面
鍔迫り合いを制するコツ
相面に勝つ方法
鍔迫り合いでの相手の体勢の崩し方
裏のすり上げ技も覚えよう
胴に対する応じ技もマスターしよう
小手打ち落とし面で一本を取る
相手の打突後に面を打つ
小手を打たれやすい人の対応方法
面の二段打ちで試合を優位に進めよう
身長が低い選手は足さばきを駆使しよう
多くの連続技を覚えて試合で優位に立とう
小手が苦手で試合で決まらない
小手を攻めて面で一本をとるには?
勝つ為の試合前の心構えと注意点
鍔迫り合いから引き面を裏から打つ
相小手面で1本を取るには?
面返し胴のコツ
面抜き胴で試合に勝つコツ
試合に勝つには先をとる事が大切
間合いを悟られずに小手を打つ方法
相手が場外を背にしている場合の一本の取り方
小手返し小手のコツ
手の内の冴えを出す練習
引き技で一本が取れない原因と対処法
踏み込みを強化して試合に勝とう!
上段に対する攻め方
打突に強さと冴えを出すには?
剣先にスピードを出すには?
左右のさばきを習得しよう
相手の出方によって先後の技を使いわけよう
相手の崩し方について
掛かり稽古で強くなろう
試合で相手の戦い方を見極めるには?
出ばな技で先手をとろう
飛び込み小手で1本をとるには?
継ぎ足のコツ
突きから面
実戦での面の打ち方
胴打ちを決めるポイント
面抜き面のやり方
担ぎ技の効果的な使い方
入りからの面すりあげ面
面体当たり引き面のポイント
巻き技のコツ
試合での中心の取り方
払い技のコツ
引き技の崩し方
小手返し面のコツ
試合で引き小手を決めるには?
避けた後に面
相手の誘い出し方
相手の居着かせ方
剣先が開き気味の相手から一本を取るには?
手元の硬い・柔らかい相手の攻め方
足幅の広い、狭い相手から1本をとる
相手の攻めに対しての対応
打ち落とし技のポイント
逆胴で1本をとるコツ
勝っている時は場外を背にしない
勝っている時は遠い間合いを保つ