小手返し面のコツ

試合で小手返し面を決めることが出来ますか?
相手の小手打ちを竹刀の表で受けて、それを裏に回して面を打つのが小手返し面ですね。

 

 

小手に対する応じ技は、試合でも使う機会が多いのでしっかりマスターしておきたいものです。
そんな小手返し面を成功させるためには、まず相手の竹刀を裏側に入れさせないことです。

 

 

というのも、返し技にならないどころか、小手を打たれやすくなってしまうからです。
その為、相手の竹刀を自分の表側で受けることが大切になります。

 

 

これが試合で上手くいなかいという人は、構えた状態より、剣先を体の近くに寄せていることが考えれます。
これでも返すことは出来ますが、斜めから小手を打ってくる試合巧者には危険です。

 

 

ですので、引き込むより前で受けるようにしたほうが安全な受け方です。
これなら、横から小手を打とうとする相手に対しても剣先を裏に回すスペースを与えないですみます。

 

 

また、手元を上げると相手に打たれてしまうので、相手が小手にきた瞬間に手元を下げ、受けた瞬間に手を返して、裏から面を打ちましょう。
これが小手返し面のコツです。
このようにすれば、試合で小手返し面が決まりやすいでしょう。

 

 

試合で一本勝ちする小手に対する応じ技の秘訣をお教えします!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる