コーナーに追い込まれたときの戦い方

剣道の試合では、自分の後ろに広いスペースを確保しておくことが鉄則。
とは言え、引き面を打って下がり、コーナで行き詰ったりすることもあるでしょう。

 

コーナー

 

その為、試合では自分が試合場のどこにいるのか把握して、戦い方を変えていくことが大切です。
特にコーナーでの攻防は重要になります。

 

 

コーナーに追い込まれると相手は場外に出そうと勢いよく前に攻めてくるので、こうした状況では不利になりやすいものですね。
ただ、ピンチとチャンスは紙一重で、一瞬で攻められる側が攻める側に逆転してしまうことも良くあります。

 

 

ですので、コーナーに追い込まれても、守りに入るのではなく相手を攻める気持ちを持つことが大事です。
例えば、相手が場外へ出すといった気持ちで攻めてきたときには、前へ出てくる相手の出ばなを狙ったり、逆に引き込んで相手の面をすり上げで応じる。

 

 

右に体をさばいて場外に出ないようにしながら、胴を打突するなど、色々な技の技術を身につけ対応力を高めておくといいです。
ただ、応じではなく、受けになってはいけません。

 

 

受けると応じるはどちらも相手が打ってきた時の対応ですが、この2つには大きな違いがあります。
竹刀の刃部で相手の竹刀を受けるようにしては姿勢も必ず崩れているので、すぐに攻めに転じる体勢もとれません。

 

 

打たれるのが怖くて受けに入ってしまうと、完全に劣勢になり不利な状況になってしまいます。
一方、応じるは、鎬を使って相手の竹刀に応じるので、いつでも打てる体勢が保持出来ます。

 

 

ですので、応じ技では、常にこの点を意識しておくことが大事ですね。
いずれにしても、追い詰めれても攻める気構えを持ちましょう。

 

 

なお、コーナーに立った時の戦い方をシュミレーションして、色々なパターンを練習しておくことも試合に勝つためには大切かと思います。

 

剣道上達革命の詳細を見てみる