素振り(竹刀の振り方) 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

素振り(竹刀の振り方)

剣道での打突の基礎練習は、竹刀の振り方(素振り)が重要になります。
素振りが上達すれば他の技術も向上します。
そして、竹刀の素振りには、上下振りと斜め振りがあります。

 

素振り

 

●上下振り
身体の正面の中心である眉間から股間までを結ぶ正中線を通り、大きく振りかぶり、内側に左右の手をねじるように正中線を通り振りおろします。

 

 

その際に左手を中心に振り上げるのですが、竹刀の柄と左手の小指には隙間がないようにすることと、左肘が竹刀を振り下ろす時に真っ直ぐ伸ばし、曲がらないようにします。
振り上げから振り下ろしまでは、左の拳が体の中心から外れないようにすることがポイントで、手首の力を抜いて剣先を下げるようにしましょう。
そうすることで、刃筋正しく竹刀が振れるようになります。

 

 

●斜め振り
大きく中断の構えから振り上げ右斜め上から袈裟斬りするように振りおろします。
その際に、竹刀を頭上に上げた時に右手首をねじるようにし、相手の膝まで竹刀の剣先が来るように振りおろします。
上下振りと同じく、竹刀を斜めに振っても左手は身体の中心から外れないようにすることが大切です。
手の返しを覚え、正しい刃筋で斜めに竹刀を振り下ろしましょう。

 

 

●前進後退正面素振り
基本の正面打ちを連続して行う素振りで、右足を踏み出すと同時に振りかぶり、左足を元に引きつけながら正面打ちをし、今度は逆に左足を引くと同時に振りかぶり同じように正面打ちをし、これを繰り返します

 

 

当初は、掛け声を「イチ・ニ・イチ・ニ」出すように練習し、慣れてきたら竹刀を振り下ろす時に「メン」と掛け声を出すようにして練習すると良いでしょう。

 

 

また、素振りの中で相手の打突部位を想定して、そこに面や小手、胴、突きなどを行うものを空間打突といいます。
正面打ちでは相手の顎を切るような気持ちで振ると、竹刀の先革と中結の間である物打ちまでしっかり力が伝わるかと思います。

 

 

稽古の始めの準備運動で行われますが、正しい構えから竹刀操作、刃筋、手の内、更には体と協調させて気合を入れて行うことで稽古の質が向上し、初心者からでもより早く上達が実感できるでしょう。

 

 

正しい素振りで上達するの稽古法を伝授!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる