面打ち 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

面打ち

面打ちは剣道において良い面を打てるかどうかで、その人の熟練度が分かると言っていいほど基本となるものですね。
その為、剣道初心者は、まず面打ちを一生懸命練習することが上達する近道です。

 

 

面打ちは、基本の間合いとなる一歩踏み込めば相手を打突でき、一歩下がれば相手の打突を外すことのできる一足一刀の間合いから、相手の中心を取りながら竹刀を真っ直ぐに頭上に振りかぶりながら、左足を蹴りだします。

 

 

そして、右足を踏み込んで相手の面を打ちます。
面打ち後は、左足を素早く引きつけて体勢を整え、相手の横を通りぬけるようにします。

 

 

面打ちのポイントとしては、水平に腰を移動させるイメージで打つようにすると良いです。
手先や上体だけで打とうとすると、体制も崩れ打突に勢いなどがなくなり一本と認められない場合があります。

 

 

その為、体全体を使い腰を水平に移動させるようにして打つようにし、遠い間合いからでも継ぎ足をせずに面打ちが出来るように練習をしましょう。

 

 

かけひきのタイミング、様々な攻めのバリエーションまでを解説してある、一本をとるための技術も沢山盛り込んである剣道上達DVD!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる