打突と踏み込みを合わる 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

打突と踏み込みを合わせよう

打突と踏み込みのタイミングが合っていますか?
踏み込んでも竹刀が遅れたり、その逆になったりすると強い打ちが出来ません。

 

 

これは特に小学生の選手に多く見られますが、剣道の試合で一本を取ったり、次の攻めに素早く移るには、竹刀の振りと足の踏み込みが合っていることが大切です。
つまり、前に踏み込んだ右足が床につく音と、竹刀が相手に当たる音が一つになるのが良い打ちです。

 

 

上手く出来ていない選手は、左足を動かさず右足の踏み込みだけで素振りの練習すると良いです。
やり方は、まず正しく構え、竹刀を振り上げた時には右足を上げないようにしておきます。

 

 

そして。右足だけで踏み込むと同時に竹刀を振り下ろします。
これを連続で繰り返し行います。
これがしっかり出来るようになったら、振り下ろしながら右足を踏み込み、素早く左足を引きつける面を打つ素振りを行いましょう。

 

 

打突と踏み込みのタイミングが合わせられるように体に覚え込ませれば、特に遠間からの打ち方が上達してきます。
ただ、遠間から打つ時に頭が前に突っ込んでしまう選手も時々見受けられますが、このようになる原因は、左足の引き付けが遅く、打突後に姿勢が崩れてしまうのです。

 

 

その為、まず基本の正しい足の使い方(足捌き)を覚えることが大切で、足の引きつけがしっかり身につけば体勢も崩れず、気剣体一致にも繋がります。
また、引き付けた後に、背筋を伸びをするような意識を持って素振りの練習行うと自然と出来るようになります。

 

 

なお、速い足さばきや振り上げ、振り下ろしを覚える稽古法に跳躍素振りがあります。
素早い送り足や打ちを身につけておけば、断然試合を有利に進められます。
更に、足腰も鍛えれるので、毎日100回くらい行うようにすると効果的ですよ。

 

 

教士八段 香田郡秀先生監修の剣道上達革命DVDでは、跳躍素振りなどのやり方はもちろん、手と足が合わないなど気剣体一致を合わせられるコツや、練習方法がしっかり学べます。

 

手と足がバラバラになる方へ

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる