足さばきで体が上下動する

剣道の足さばきで、体が上下動するということはありませんか?
特に剣道をはじめたばかりの人は、足さばきがスムーズに行えず、体が上下動してしまっているという人もよく見かけます。

 

 

足の裏で床をするようにして移動するすり足は、剣道の足さばきの基本です。すり足を行うことで体の上下動などの体のブレがなく、安定した姿勢で素早く動けるようになります。

 

 

その為には、まずは足構えをしっかり正しく出来ているかを確認しましょう。
これは足の構え方の重要性のところで説明しましたが、特に姿勢を正そうとして右ひざが伸びすぎてしまうと、それがつっかえ棒のようになり、スムーズに動くことが出来ません。

 

 

ですので、右ひざは少し緩めて相手の方に向けるようにします。
正しい足構えができたら、剣道で最も使われるすり足が基本となる送り足を練習していきましょう。

 

 

これは、あらゆる方向に素早く移動したりする際などに使われます。
前に移動するときには、前足を先に踏み出し、すぐに後ろ足を引きつけるようにします。
ですが、このやり方だと後ろ足の引きつけが遅れてしまい、移動のリズムが2拍子になって良くありません。

 

 

その為、前への移動は、後ろ足で前足を送るつもりで、床を後ろ足で押すような意識でやるといいです。
そうすればスムーズな足さばきになり、体の上下動もしなくなってきます。
この時には、足を大きく前に出して、スッーという感じでやるといいです。そうすることで自然と打突も大きくなります。

 

 

また、後ろへの移動は前足の指を使ってしっかり押すようにして、後ろに下がりながら前足の指があがることなく、一拍子のリズムで移動が出来るようになれます。
この前後のすり足の練習をすると足腰の鍛錬にもなるので、しっかり練習しておくといいかと思います。

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<