剣先押さえ 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

剣先押さえ

剣先押さえが上手く出来ていますか?
剣道で相手の起こりを制するには、剣先払いの他にも剣先を押さえても同じような効果があり、隙を作らせることができますね。

 

 

とは言え、単に相手の剣先を押さえても、隙ができないので、起こりに合わせて押さえることが大切です。
つまり、相手の出ばなを制するようにすれば、それだけ相手に隙が出来やすくなるのです。

 

 

また、払い同様、押さえも表裏はもちろん、下に押さえたりする場合もあります。
中段で相手と向き合ったら、表から横に押さえて隙が出来るようなら、面や小手に行けばいいですし、裏から横に押さえてても同様に出来ますよね。

 

 

そして、相手の剣先を押さえたら、自分の剣先をすぐに相手の中心に向けるようにします。
中心に剣先を戻すのも、剣先払いと同じで、手の内のさえで竹刀を中心に戻します。
これは、打突など、全ての剣道の基本となるものです。

 

 

更に、剣先押さえは相手の起こりを押さえるのはもちろん、技を封じることにもなります。
ですが、押さえすぎてしまうと、かえって自分の剣先が中心から外れてしまうので、押さえたら直ぐに中心に戻すことを心掛けましょう。

 

 

この世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀監修の剣道上達革命DVDでは、剣先の動きはもちろんのこと、上手い剣士に必要な全てを強化し改善でき、1ヶ月で今よりレベルアップすることが出来るでしょう。

 

相手の剣先の高さに応じた一本勝ちの秘訣をお教えします!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる