体当たり 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

体当たり

剣道の体当たりがうまく出来ますか?

 

 

体当たりは、剣道の技術として認められており、打突後の勢いを利用しぶっかって行くことで相手の体勢を崩して隙をつくります。
ですが、相手に頭を下げてぶっかって行ったり、相手を手で押したりなど、体勢がくずれた体当たりは打突に繋がりません。

 

 

大事なのは、正しい姿勢で体当たりをすることです。
相手の体勢が崩れ、隙が生じたところをすかさず打突することが出来るようになるのです。

 

 

ポイントとしては、へその当たりに自分の手元を持ってきて、重心を下げるようにして竹刀の柄の中央あたりで相手にぶっかっていくようにすると良いです。
こうすることで、自分より大きい選手にも効率よく打突の力を伝えることが出来ます。

 

 

そして、相手にぶっかる時は、体全体を使い相手の下腹を押し上げるようにします。
そうすることで、体勢が崩れ隙が出来ることで、打突のチャンスが生まれます。

 

 

体当たりも、強くなる為の基本技術となるものなのでしっかり練習しましょう。

 

 

潜在能力を最大限に発揮させる剣道上達法!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる