打突の好機

打突の好機は、どのようなタイミングがあるかご存じですか?

 

 

剣道の基本的な考え方は、相手の隙をみつけて打ちこんで勝ちを得ようとするものです。
ですが、ただ闇雲に相手に向かって行っても、相手に一本取られるだけです。

 

 

特に、剣道初心者のうちは、双方動いていることもあり、なかなか相手の隙を見つけるといっても、それが難しいものですね。
その隙が相手の誘いなのか、それとも本当の隙なのかを判断するのが難しく、下手に打ち込みにいくと、やり込められてしまうことも多いものです。

 

 

では、どのようなタイミングで、いつ打突を出せばいいのでしょうか?
剣道においての打突の好機と言うのは、一般的に、以下のタイミングで打ち込みに行くと良いと言われています。

 

@相手が技を起こそうとする出端(でばな)。
A相手が退こうとする退き端。
B技が尽きたところ。
C技に迷い相手の心や体が動けなくなった居ついたところ。

 

以上が主な打突の好機と言われており、剣道初心者のうちは、この打突の好機を目安にして試合に臨むと良い結果が得られる可能性が高くなると言えます。

 

 

もし、あなたが剣道初心者でも試合での勝敗はやってみるまでわかりません。
実際に剣道初心者の人でも、身体能力などが優れていれば、上段者を打ち負かしたりすることもあります。
勝てるチャンスは誰にでもあり、だからこそ剣道は他のスポーツにはない面白みがあり、奥の深さがある競技だと思います。

 

 

相手が出てきたタイミングなど、打突の好機で一本を狙うコツを教えます!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<