剣道着、袴、剣道具の選び方

剣道を行う上でなくてはならない剣道着、袴、剣道具ですが、選び方も大切になります。
新たに購入するときには、自分に合ったものを選ぶことで、動きやすく姿勢もよくなり、剣士としての風格も出てきます。

 

剣道着

 

そして、まず剣道着ですが、あまり大きすぎると、前の合わせの部分が開き気味になったり、背中が膨らんだりしてしまいます。
特に気をつけたいのが、袖の長さです。

 

 

中段に構えた際に肘が完全に隠れるものを着用しますが、長すぎても良くないので、小手ぶとんにはかからないようにしてください。
また、袴はくるぶしが隠れる程度を目安にして、長すぎても短すぎるのもよくありません。

 

 

ちなみに、横から見て前下がりに履くようにすると美しく見えます。
次に剣道具についてですが、「面」「小手」「胴」「垂」の四つに分かれています。

 

 

面は横金の上部から6本と7本目の間の物見と目の位置がずれていないことが重要で、物見が合ってないと悪い姿勢になります。
面ぶとんは肩の関節を保護する長さがいります。

 

 

小手に関しては、小手ぶとんの長さが、肘から手首の最も長い部分の半分以上のものを使用するといいかと思います。
サイズが小さすぎると、手の内に悪影響を及ぼしてしまいかねません。

 

 

胴は小学生や女性の方で、大きすぎるものをつけている方をよく見かけますが、大きすぎると動きにくくまります。反対に小さすぎても首や胸に竹刀が入りやすくなって、体を守り切れず危険です。
垂れに関しても、体のサイズにあったものを選びましょう。

 

 

また、前帯は柔らかいものを使ってほうが締めやすくて使いやすいでしょう。
いずれにしても、自分の身体にあったものを選ぶようにしてくださいね。

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<