中心を制す 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

中心を制す

面を表から攻めて打つには、中段の構えから相手の動きを制しておく必要がありますね。
その為には、相手の中心を制しながら攻め込むことで、間合に入った時に逆に相手に打たれないですみ、最も効果的です。

 

 

そして、相手の中心を制するには、相手の竹刀に自分の竹刀を上に乗せるイメージで中心からはずさないように攻め込むと、剣先は自然とこちらの体から外れて行きます。

 

 

上手くいくポイントとしては、攻める時に身体ごと勢いよく間合いに入ることです。
手先だけで相手の中心をとろうとすると、逆に相手から攻め込まれてしまい上手く中心を制することができません。

 

 

そして、身体ごと勢いよく間合に入り、相手がひるんだ時に一気に攻め込み、身体ごと勢いよく跳びこんで、スナップを利かせて面を打ちます。

 

 

また、表からの攻めと裏からの攻めを使うことで、技の種類を増やすことが出来ます。
裏から面を打つには、気づかれないように相手の竹刀の左側へ自分に竹刀を持ってくる必要があります。

 

 

この時も、表と同じように中心をとり簡単に相手に攻め込まれないようにしなければいけません。
そして、相手の竹刀の裏に回すには、鍔元をせめつつ裏に回すようにすると良いです。

 

 

そうすることで、相手が小手を警戒して竹刀を開いてきますので、その隙を狙い素早く振りかぶり、スナップを利かせて面を打ちます。

 

 

なお、裏から攻めて面を打つ場合も、表と同じように、身体ごと間合に入り攻めるようにすることが大切です。

 

 

潜在能力を最大限に発揮させる剣道上達法!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる