試合に勝つには 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

試合に勝つには!?

ここでは剣道の試合に勝つためのポイントを紹介しています。
相手に勝つには、技術を磨くと同時に、試合で有利に進めるためのかけひき、戦い方があります。
また、試合で優勢になるための技の出し方や連続技などの組み立て方も必要になります。

試合に勝つには!?記事一覧

剣道の試合では、相手より有利になる為の間合いの取り方があります。竹刀の長さは同じ長さになることから、剣道を始めて間もない方は間合いは双方互角と思いがちですが、自分からは近く、相手からは遠くに感じさせられるような間合いの取り方が良く、相手に間合いが詰まった事を悟らせないようにすることです。では、どうすれば相手に間合いを掴ませないように出来るのでしょうか?それは、常に動き足を止めないことです。動いてい...

剣道の試合で勝つ為には、自分に有利に進めるための技のしかけ方があります。それは、初太刀を大切にすることです。試合で相手が攻撃型の選手なら、出ばな技や返し技から攻める。逆になかなか攻めてこない慎重型の選手なら、二段技や飛び込み技などで攻めることが有効です。初太刀で一本になれば、有利に試合が運べるのは明らかです。仮に、失敗したとしても、「今のは、危なかった…」と相手に心理的動揺を与えることが出来ます。...

剣道の試合で見かけるシーンに、面を何度も打っても審判の旗が上がらないことがあります。あなたも、このような経験をしたことがありませんか?その大きな原因として、打突に冴えがないことが考えられます。特に中、高校生の試合では面を打った後に両手を上げて面を打ったことをアピールしている選手を見かけますね。ですが、これをすると返って剣先が後ろに向いてしまいます。もちろん、1本として認められることもありますが、多...

剣道の試合では個人戦と団体戦がありますが、当然、試合の運び方は違います。よく剣道の試合では、我慢すれば絶好のチャンスという勝機は必ず1試合3回は巡ってくると言いますね。ですので、個人戦で心がけることで大切なのは、勝とうというよりも、むしろ負けないという気持ちがあっているように思います。この勝機の僅か数秒も満たない時間を作る為に、相手をどんどん追い込んでいくのが技術です。無理な勝負をせず、攻めながら...

剣道の試合では、まず相手の選手の癖を見抜いたり、タイプを見極めることが大切ですね。試合開始直後には、いきなり仕掛けてくる選手は少ないものです。そこで、試合が始まったら、まずは相手の竹刀の表裏両方から剣先を押さえてみて、どう出てくるか見てみると良いでしょう。相手が攻撃的なタイプなら、それに応じて押し返してくる場合が多いものです。表から押さえた時に、相手の押し返しが強ければ裏からの技が効果的と言え、裏...

剣道の試合で、相手の力量を見抜く為の目のつけどころをご存じですか?初めて戦う相手なら、どのくらいの実力があるのか?強いのか、弱いのかを見抜くのは難しいものです。よく言われる相手の力量を見抜く目のつけどころとしては、着装や所作から相手の力量を見抜くというものです。例えば、防具は正しく着け、途中ではずれたりしないようにすることが大切ですが、その防具である胴が左右に傾いているようならどうでしょう?その実...

剣道の試合で相手の変化に合わせた対処法が出来ていますか?剣道の一本とるには、お互い離れた距離にいるところから、如何にして相手を打てる距離に近づき打突をするかですね。この間合いを「一足一刀の間合い」といいますが、相手も同じ間合いを保っていることになり、そこから一歩でも下がり間合いを切れば、相手からの打突も届かなくなります。そして、一足一刀の間合いに入ることで、相手は打たれまいとして構えに変化が出たり...

剣道の試合では、相手との攻防の中での攻めがどころという場面がいくつかありますね。これは相手にとっては不利で、こちらにとっては有利の状態と言えるので、こちらの技の仕掛けに対して相手が簡単に反応してくる場面でもあると言えます。相手が心理的に余裕がない状態なら、ことらの攻撃に対して精一杯になったいたり、慌てることで打突動作を起こしてしまいがちになるものです。相手がどのような対応をするのかなどの癖を見極め...

剣道の試合で勝つには、剣先で相手の中心をとることが重要ですね。竹刀の剣先で相手の中心をとると言うことは、一足一刀の間合いをとり、相手の剣先は自分の中心から外し、自分の剣先は相手の正中線をさすようにするということです。そして、試合ではそんきょの時から、いつでも前に出ていける気持ちをもち、相手の動きを見ながら一足一刀の間合いに入って行き、攻める時にも手先だけではなく、足も使いながら左こぶし、肩、肘の位...

剣道の試合でこちらが攻め入って、相手が手元を動かしたりせずに、攻め返してくるようなら技術的にも精神的にも強く、かなりの実力がある相手と判断できますね。このような強い相手に正面から攻めても、勝機は見出すことが難しいようなら、側面正対で攻めることが重要になってきます。つまり、足さばきで相手の横(側面)から正対するようにすると良いでしょう。当然、相手も正対するために向きを変えなくてはならくなるので、その...

自分から攻め入った時に、相手が下がり後ろ足の踵が床についている時がありますね。このような状態で最も判断しやすいのが、剣先が下がり、上体がのけ反っている場合です。これでは相手は攻め込むことができず、まず打ち込んでくることはないと言えます。相手は防御しか考えていないと判断でき、こちらが攻めるチャンスですので、間髪入れずに強く攻め込んで良いでしょう。また、相手の踵が床についていて顎があがり、剣先が少し上...

剣道の試合では、相手が得意技を狙いすぎていると体に力が入りすぎて瞬間的に動きが止まる、いわゆる居付く状態になってしまうことがありますね。また、こうしたひとつの技を狙っている時は、いつもよりこれで一本をとろうという気持ちが強くなってしまうことから、それほどこちらの攻めが効いていない状態でも、得意技を狙うあまり打ち急いでみたりと通常より攻め自体が雑になることがよくあり、起こりを見せてしまうことがありま...

剣道の試合で勝つには、相手の心理状態を利用すると良いですね。例えば、あなたが試合の序盤で一本相手に先取された場合どのような心理状態になりますか?通常、誰もが同じ技で1本取られたくない!同じ技で負けたくないと思うはずですよね。つまり、相手はこれまでと同じように攻めつつも、同じところを打たれることを必要以上に警戒し、敏感になるということです。この心理状態を利用すれば、試合を優位に進められます。逆に、一...

一本先取している場合は、中盤以降の攻め方を変える必要がありますね。剣道の試合で序盤に一本先取したなら、その後も強い攻めが必要になりますが、かと言って、中盤以降も序盤と同じように攻めるのはよくありません。何故なら、相手の心理状態を察すると、当然、中盤以降は相手にも焦りが出てくるので、早く打ちたくて仕方ない心理状態に変わってきています。そんな時に間合いを詰めてしまうと打たれてしまう可能性があるので、一...

剣道をやっている人なら、試合の序盤で一本先取されてしまったことはあるのではないでしょうか。試合が始まって間もなく相手に一本取られてしまうと焦りや、弱気な気持ちにもなったりすることもあるでしょう。ですが、そういう時こそ深呼吸をして心を落ち着かせて、気持ちと試合の組み立てを直す必要があります。一本先取された時に一番やってはいけないのは、焦って慌ててしまい、相手との間合いに安易に入ったり、遠間から無理し...

剣道の個人戦でどちらも一本取ることができずに、終盤にさしかかり残り時間が僅かになるケースもありますね。こうした場合は、無理な技を使わずに相手を動かして考えさせるようにした方が良いです。個人戦なら団体戦と違って、引き分けはないので決着がつかない場合は延長となるので、焦りは禁物で無理に攻めるといったことはしないでおきましょう。かえって残り時間が少ないからと焦って不十分な体勢から打ちに行ってしまうと、動...

面の実践的な打突方法をご存じですか?剣道の基本は、相手の中心をとることで効果的な一本になり、相手の隙を狙い面を打っていきますが、当然試合では相手はその場から動かずにいるということは限らないので、面は相手との距離に応じて足幅と振りを変えて打つ必要があります。例えば、相手が前に出てくるようなら、いつもよりやや歩幅を小さくして、竹刀を小さく振り上げて打突する必要があります。逆に相手が下がるようなら、歩幅...

実践での効果的な小手のやり方をご存じですか?一般的に剣道では、特定の部位を狙ったりする気配をみせてはいけないと言われますね。ですが、わざと相手に見せるようにすることで、相手に待たせて応じ技を狙わせることが出来るようになります。つまり、相手はこちらが何を狙っているか見抜いたと勘違いして応じ技を狙ってくるようになるので、先に相手が打突してくることがなくなり、通常の時よりも相手との間合いを徐々に詰めてい...

剣道の試合で実力を発揮するためには、足さばきがとても大切になってきますね。足さばきは剣道の基本であり、試合で勝つには欠かせない要因です。特に大人になると、足さばきの練習をしなくなりがちですが、試合が近づいてきたら尚更、基本に立ち返り調整法としても、足さばきの練習を取り入れましょう。そうすることで、これまで以上に試合でも足が運べるようになってくる筈です。そして、足さばきの練習で心がけたいのは、左足の...

剣道の試合で誘い足に誘われて相手が動いた場合は、打突のチャンスですね。そんな、誘い足からの面技の良い動画を見つけてので見て下さい↓↓誘い足で小さく入ると、相手もその動きに誘われて入ってくることがあります。つまり、一足一刀の間会いから誘い足で小さく入り、相手がその入りに誘われて入ろうとしてきたり、引いたり竹刀を払ったりとする動作を起こす瞬間を逃さずに面を打ちに行くと有効打突となる可能性が高くなります...

剣道の試合に勝つには主導権を握ることが大切ですが、鍔迫り合いが正しく出来ないと主導権が握れず、技を出すことが出来ませんね。そして、鍔迫り合いからの技のほとんどが自分から仕掛けていく先の技になり、これが鍔迫り合いから技を出す時に大切になり、その為には足さばきを使って、自分の有利の体勢に持ち込むことが重要でしょう。つまり、つばぜり合いでは自分から技をかける為には攻め勝っていなければいけません。そして、...

剣道の試合でいつも相面で負けてしまっていませんか?相手の面に対して出ばな面を打とうとすると、相面になることもちょくちょくありますよね。面が右に反れてしまうのなら、相手の面の方が速いということになりますが、そうでなく全くの相打ちになった時の相面に打ち勝つかどうかは、拳の高さにあります。つまり、自分の右の拳が相手の右拳よりも高ければ相面で勝つことが出来るのです。何故なら、相手より自分の拳が高くなってい...

剣道の試合に勝には、鍔迫り合いでの相手の体勢を崩して引き技を出すことも必要ですね。鍔迫り合いを行う時は、一般的に右足が前になって左足が後ろになりますが、この時にどのように押せば相手の体勢が崩れやすいと思いますか?そのまま前後に押したり引いても、相手は簡単に動かないですし、左右に揺さぶるようにしても前後に押すほどではないにしろある程度の力は必要になるものです。ですが、相手が通常の構えでの鍔迫り合いの...

剣道の試合で勝ちたいなら、表からの面すり上げ面はもちろんのこと、裏からのすり上げ技を覚えておくと良いですね。試合で表からのすり上げ面を打とうとしても、直ぐに左面を守る体勢をとるなど、表に強いタイプの人もいるからです。このような人に対して、いくら試合で表からの面すり上げ面などを打っても、まず決まらないでしょう。このような場合に有効な技が、裏からのすり上げ面です。そして、裏のすり上げ面のポイントは、足...

胴に対する応じ技が上手く出来ますか?胴に対する応じ技には、相手の胴に対して、これを打ち落としてすかさず面を打つ胴打ち落とし面や、竹刀の表で受け、手首を返して面を打つ胴返し面などがあります。ですが、現代の高校生レベルの剣道の試合では、跳び込み胴を打ってくることはあまりみられませんが、相手がしつこく跳び込み胴を打ってきたら、防戦一方になりますし、相手が小手を良く打ってきて、それに対してすりあげ面や返し...

小手打ち落とし面が上手く出来ますか?この技は出ばな小手と同じように、高校くらいの水準の試合では比較的に有効打突になりやすい応じ技の一つです。その為、試合で勝ちたいなら、ぜひともマスターしておきたいものです。本来はこの小手打ち落とし面は、攻めを利かせてから決めたい技です。ですが、例えとっさの動き出しが遅れたとしても、上から竹刀を押さえるように剣先を真っ直ぐ下ろせば良く、力は必要ありません。また、動き...

剣道の試合での打突の機会には、相手の打突後や技が尽きたところを狙うのも有効ですね。相手の技を受けたままにならない為にも、相手が面を打ってきたら、それを竹刀の表で避けて、すれ違いざまに相手の面を打つというように、打突後に打つ技も試合に勝つには必要でしょう。この相手の打突後に面を打つ為に必要なことは、鍔迫り合いにさせないことです。相手の面を完全に受けてしまうと、相手はそこで足を止めてしまうので、すりあ...

剣道の試合で、小手を打たれやすいということはありませんか?自分ではすり上げや返し技をしているつもりでも、避けきれずに有効打にされてしまうという人も多いのではないでしょうか。こうした場合に即対応できるのは、小手に対しての応じ技である小手抜き面でしょう。もしくは小手打ち落とし面も効果的ですね。小手抜き面なら相手の小手は完全に空を切るので、有効打にされる心配はまずありません。そして、小手を抜く時のコツは...

面の二段打ちが上手く出来ますか?最近の試合では比較的に応じ技が減ってきているので、跳び込み面をしかけられるた方が受けっぱなしになるケースも良き見られますね。ということは、面を打った側はそこから空いている部位を打つことが出来るということでもあります。ですが、そこで連続ですぐに打てる人はなかなかいませんが、これが出来れば試合で絶対に優位に立てるのは明らかです。そして、面の二段打ちや面胴の連続技にしても...

剣道では今も昔も、身長の低い選手には技巧派が多いと良く言われますね。基本的には剣道では竹刀を介して行うので、直接的な力のやりとりは少なく、柔道のように体重別などのクラス分けは剣道にはありません。しかしながら、相手と自分の竹刀が交差する一足一刀の間合いで相対した場合は、身長の高い選手のほうが腕を伸ばして届く範囲であるリーチが長い分だけ、離れた立ち位置から相手を打突で捉えることが出来るので有利になるで...

小手面、小手胴など連続技が上手く出来ますか?試合で何本も続けて技を出せるということは、それだけ相手の隙を作ることが出来るので、少しでも多くの連続技を覚えれば試合で優位に立てますね。そして、まず判断がつきにくいのが、小手面と小手胴をどう使い分けるかではないでしょか?これは試合で相手と対峙して、相手の技の避け方を見定めるしかありませんが、考え方としては、小手面を打つならば、相手が剣先をそのままにして後...

試合で小手が決まらないという悩みはありませんか?タイミングは分かってきたが綺麗に決まらず、小手がどうしても苦手という人も少なくないでしょう。そもそも小手が苦手とする一番の理由は、的が小さいからではないでしょうか。竹刀が少し外れれば空を切る可能性が高いので、面と比べればそれだけ危険を伴う技とも言えるかもしれませんね。したがって、小手打ちで大切なのは、打突後のことを常に意識しておくことが大切になります...

剣道の試合で小手を攻めて面で一本をとることが出来ていますか?この技のポイントは、小手を相手に打つと見せかけた後に足を継がないで、小手を見せるや否かで一気に踏み込んで面を打つことです。とは言え、ある程度の距離を置いた遠間から、自分が攻め勝っている時に行わないと上手き決まらないでしょう。遠間から小手を打つと見せることで、相手が小手を警戒してかばおうと剣先を開こうとするので、そこで思い切って面に跳ぶよう...

剣道では普段通りの実力が発揮できるように、試合前の心構えも大切ですね。試合で緊張しすぎてしまい、あがってしまうという人も多いものです。特に試合の当日をいつもと違う日と考えてしまうと尚更、緊張も高まってしまうものです。そうした時はいつも私も行っていますが、一週間くらい前から試合当日と普段の生活の時間割を同じようにして送ると良いです。例えば、起床や朝食、就寝時間などを試合当日と同じように生活を送ること...

現代の剣道では、鍔迫り合いが長時間に渡る場合も良くありますね。その為、試合に勝つには引き面などの引き技を習得して、応用を効かせることも必要でしょう。基本の技は、鍔迫り合いから左足を引いて距離をとり、素早く面を打つことですが、試合ではなかなか決まらないことも多いので、そうした場合の応用を効かせられることで試合を有利に進めることが出来るようになります。例えば、鍔迫り合いから面を打つと見せ、相手が避けよ...

相小手面で試合で1本が取れますか?この技は小手打ちに応じる技になるので、相手の小手を引き出すことが必要になりますね。その為、鋭い攻めで一足一刀の間に入る必要があり、そうすることで相手はこちらの攻めに応じようとしてきます.。そして間に入ったら相手の中心を攻めていた剣先を素早く眉間の攻めに変えるのです。この動きをすることで相手はこちらの手元が浮いたと思い、小手を打突しにくる筈です。また、中心を外してい...

面返し胴で1本とることが出来ますか?剣道の試合で勝つには、面に対しての応じ技である面返し胴も出来るようにしておくことも必要でしょう。この技は相手が打ち間に入ったところで面をしのぐようになるので、こちらが大きく踏み込んでしまうと間合いが近くなりすぎて打突出来なくなってしまいます。従って、入りを小さくして、その代わり鋭く行い、少し遠間で右足を小さく前に出して相手の面をしのぐようにすると良いです。相手の...

面抜き胴が上手く出来ますか?剣道の試合に勝つには、面抜き胴も修得しておくことも必要でしょう。何故なら、面返し胴などの返し技では、竹刀越しに面に乗られてしまう場合もあるので、その場合の対処として抜き胴をマスターしておくことも大切になってくるからです。そして、面抜き胴は基本的には返し胴と要領は同じですが、抜き技は相手が打ちにくるのに合わせるのは困難なので、相手に面を引きださせて抜くようにするのがコツで...

剣道の試合に勝つには先をとる事が大切ですね。特に応じ技は、相手が何かを打とうとしたのに応じて出す技ですが、相手が打ってきたのに対応して技を出そうとしても、それが成功するケースは少ないものです。試合では、相手が動作を起こした時には、こちらが技を出しているつもりでないと決まらないのです。その中でも出ばな技は相手に応じるという意識を捨てて、相手の動こうとする先(機先)を制して、それをとらえるつもりで打つ...

相手に間合いを悟られずに小手を打つ方法をご存じですか?そもそも、一足一刀の間会いで相手と竹刀が接している状態では、その状態が距離の目安になってしまうことから、間を詰めた時にそれを相手に悟られやすいものです。剣道の試合で小手で1本とるには、より速く打突することですが、小手は面などに比べ打突する部位が最も近いことから踏み込みが小さくても届きます。ですが、相手に悟られないで間合いを詰めておけば、それだけ...

剣道の試合に勝つには、試合場の位置関係によって出す技を選択する必要がありますね。試合が進んで行く中では、相手が場外を背にする瞬間というのが必ずありますが、このような相手に後ろがなく、場外を背にしている状態というのは、試合に勝つ為の攻めどころとも言えます。ですが、この時にこちらが面を打ちに行けば、1本取ることが出来なかった場合に逆にこちらが場外に出てしまう恐れがあるのです。したがって、場外を背にして...

小手返し小手が上手く出来ますか?この技は相手の小手を受け、竹刀を返し振り下ろして小手を打つ応じ技ですね。攻めを効かせ、相手が技を出さなければいけない状況を作り、小手を打ってきところを返して、小手を打ちにいきます。相手の小手を返すには、左手の位置を中心から外さないようにし、少し剣先を右に開いて手元を上げて応じるようにします。ただ、小手返す場合は、面に比べて相手の剣先が近くになる為、より手の内柔らかく...

手の内の冴えを出す練習方法をご存じですか?剣道の手の内とは、竹刀を持った時の力の入れ具合や手の作用などの使い方を総称したものです。そして、剣道の試合では、正しく打突していても一本にならないことがありますが、その原因としては、打突に冴えがないということがあげられます。ですが言いかえれば手の内の冴えの感覚を身につけて、冴えが出せるようになれば1本になることが多くなり、試合で勝てるようになるということで...

鍔迫り合いからの引き技で、しっかり打突していると自分では思っていても、一本にならないということがありませんか?特に小学生や中学生の剣士に多く見られますが、試合に勝つには、まずは引き技で1本が取れない原因を知ることが大切ですね。そして、一本にする為には、前に踏み込むと同様に引き技にも一本になる条件があります。そんな引き技で一本が取れない原因としては、鍔迫り合いでは間合いが近いため、十分に間合いを取れ...

剣道で踏み込みが上手く出来ないという悩みはありませんか?特に剣道初心者に多く見られるのが、踏み込みと打突(竹刀の振り)が合わないということがありますね。当然、踏み込む前に打突したり、踏み込んでも竹刀が出てこないと1本にはなりません。その為、踏み込みを強化し試合に勝つ為にも、踏み込みと打突を一致させる必要があります。そして、腕の動きが踏み込みより先になってしまう選手の場合の原因としては、一本をとろう...

剣道で上段に対してどのような技や攻め方が有効でしょうか?試合では上段の構えの相手もいるので、勝つ為には中段側がどのような攻め方が効果的なのか、知っておく必要がありますね。そして、まず上段に対する構え方は、相手からより遠くに距離をとる為に手元は少し前に出しておきます。相手が竹刀を見て技を出してきても、実際の距離が遠ければ出した技を余してしまいやすくなります。また、こちらもそれだけ余裕を持って応じるこ...

打突に強さと冴えがありますか?剣道の試合で一本を取って勝つには、打突に強さと冴えを出すことが必要ですね。その為に意識することは、手の内を利かせて手元を下げずに打つようにすると良いです。それには、まずは大きい振りかぶりで打ち切る感覚を身につけることでが大切です。この時には、打突をあまり痛いと相手に思わせないように打つことを意識すると良いと思います。ですが、打ち切ろうと意識しすぎて竹刀を強く握って打っ...

剣道の試合で勝つには、剣先にスピードがあることが大切になりますね。打突の効果は速さの2乗に比例すると言われ、剣先のスピードがあるほど打突にも冴えが出るのです。とは言え、竹刀を力任せに振っても思うようにいかないものです。その為、右手で円を描くような感じで持っことで剣先を速く振ることができ、これは竹刀を振った時の剣先と右手の動きを指します。ただ、体の柔軟性が必要になり、とかく剣道は同じ動きをするので、...

剣道が上達するうえで大切になるのが左右の捌きを習得することですね。ですが最近の剣道の試合を見ていると、直線的な打突が多いように思います。もちろん、真正面からの攻めで相手を打ち破ることも大切ですが、左右からの攻めを取り入れることで、体格差や年齢などのハンディもカバーできるなど、幅が広がると思うのです。例えば、自分より背が高い相手に対して真正面から技を出していけば、逆に打たれてしまう危険性が高くなるの...

相手の出方によって先後の技を使い分けていますか?そもそも、「先」と「後の先」について、理解は充分でしょうか。剣道では「先をとれ」ということを良く言われますが、これは単に相手より先に打てということではなく、相手が打突を先にしてきたとしても、自分が先をとっているということはありますよね。一方後の先の技は、相手が仕掛けてきた技に合わせて掛けることですが、この二つがしっかりと使い分けていれば、剣道の試合で...

相手を崩して打つことが出来ていますか?剣道の試合で勝つには、相手を崩すことは必須とも言えますね。相手に隙がなけれな打ちにいってはいけませんが、その場合はこちらで作り出す必要があります。とは言え、試合に勝てない多く剣士は、相手を崩す前に自分の方が先に崩れているのではないでしょうか。そのようになるのは蹲踞の姿勢から立ち上がって 相手をすぐに崩そうとしてしまうからでしょう。そして、相手を崩す為には、まず...

掛かり稽古を行っていますか?掛かり稽古とは、簡単い言えばお互いが掛かるつもりで、打突を受ける元立ちもスキがあれば打っていき、良くない打突は打たせないというものですね。剣道が強くなって試合に勝ちたいなら、キツイですが掛かり稽古をしっかりやるべきでしょう。というのも、正しい体勢で打突しなければ一本と認められませんが、それを維持する為に必要な稽古は何をさしおいても掛かり稽古だからです。ですが、ただやらさ...

剣道の試合で勝つには、はじめに相手の戦い方を見極めることが出来たらその後の展開が楽になりますね。特に剣道の試合の個人戦などでは、相手の実力をある程度推し量って臨むものですが、初めての対戦相手になると、やはりやってみないことには、技の出し方などの戦い方まで分からないものです。そこで、まずは相手に打ちに行く前に「打つぞ」というアクションを起こして相手の反応を見るようにするのです。これが一番簡単で、効果...

剣道で試合に勝つには、先手をとり主導権を握りたいものですね。「出ばなをくじく」という言葉どおり、出ばな技には心理的に相手を追い込む効果があり、先手をとるには有効な技です。何より、剣道では出ばな技こそ極意や奥義とも言われ、どんなに強く隙が全くない人でも、打とうとする瞬間には構えが崩れ、そこに隙が出来るのです。その為、様々な方法で相手を攻めて、ここぞという一瞬に技を仕掛け打って出るわけです。このように...

飛び込み小手で1本とることが出来ますか?小手打ちも面と同様に相手の中心を取り、表をとられた相手が、逆に取り返そうと竹刀を押し返したところをすかすような感じでかわして、その瞬間に出来た相手の右小手の隙を狙う技が飛び込み小手です。その為、剣道の試合でお互いが竹刀で押し合うせめぎ合いの中で、こちらが表を攻めると、相手もすぐに押し返えしてくる場合などに使うと効果的です。何より、小手は面のように打突する部位...

継ぎ脚が上手く出来ますか?剣道の足捌きのひとつである継ぎ足は、相手に気づかれずに間を詰めることが出来るので、盗み足とも言われていますね。相手に分からないように間を詰めるということは、自分の打ち間に入っているので、打突のチャンでもあります。ただ、足を継ぐときに時間がかかるので、打たれやすいことがあるので注意する必要があります。特に継ぎ足が癖になると、出ばな技で1本とられやすくなってしまいます。そんな...

突きが上手く出来ますか?実際には突きが1本にならなくても、そこから攻めるのは仕掛け技としてとても有効ですね。というのも、やはり誰しも喉元を突かれるのは怖いものなので、後ろに下がるなどの反応をするので、そこをすかさず打っていくようにするわけです。試合に勝つ為にも、突きから面などの攻め方を練習をすると良いでしょう。そんな突きから面の連続技のやり方には、相手の反応によってやり方が変わってきます。例えば、...

実戦で面打ちがなかなか決まらないという悩みはありませんか?当然、練習の時のように大きく振りかぶっていては決めることは出来ませんよね。その為、小さく鋭くコンパクトに打つことが大切で、上腕を上げたままにして打つようにするのがコツです。これは出ばな面でも同じです。それを踏まえ、面を試合で決める為のポイントは打突の勢いでしょう。細かく足を使って打突の勢いを保って抜けて行くようにすることです。特に剣道初心者...

胴打ちを試合で決めることが出来ていますか?例えば、剣道の試合で、こちらから仕掛けていく場合の胴打ちのやり方は、まず攻めて自分の打てる間合いに入ります。相手の手元が下がっていたら当然打てないので、こちらが振りかぶって相手との手元が上がったところを、しっかり前腕を返して、竹刀の物打ちで右胴を打ちます。そして、力を抜いて相手の横を抜けていきます。更に相手が面にきたところを応じて、胴打ちを決めるポイントは...

面抜き面が上手く出来ますか?剣道の試合に勝つには、抜き技などの応じ技がしっかり状況に応じて使えるようにすることが大切ですね。そして、面抜き面は相手の面打ちを竹刀を振り上げて空を切らせ、そのあいた面を打つ技で、拳がいったん消えるくらい大きく竹刀を振りかぶる必要があります。この技を決めるには相手を面に誘う必要がありますが、通常の構えでは相手の剣先が届いてしまいます。そこで打たれないようにする為には、間...

担ぎ技が上手く出来ますか?剣道の試合で勝つには、状況に応じて担ぎ技を上手く使うと効果的ですね。ですが、どんな相手にでも通用する技ではないので使い方が大切です。特に効果的なのは、試合で相手があまり攻めてこようとはせずに応じ技を狙っているような場合でしょう。このような時には、まともに攻めても相手を崩すことがなかなか出来ないからです。また、試合がこうちゃく状態で、残り時間が少なくなってきた時の打開策とし...

すり上げ技が上手く出来ますか?剣道の試合で、立ち合いから早い段階で一本とれる有効な技の一つに、面すり上げ面がありますね。一足一刀の間合いから、こちらが一歩踏み込んで入ったことに相手が反応して面を打ってきたら、それに応じて面を前でさばいて切り返せば、相手の面にカウンター気味に打ちやすくなります。そんな入りからの面すりあげ面のやり方の一連の流れとしては、こちらが一歩入って相手が面を仕掛けてきたら、それ...

面体当たり引き面が出来ますか?これは引き技を組み合わせた二段技の一つですね。剣道の試合に勝つには、攻め合いから面を打っていき、打突後に体当たりとなった瞬間に、相手の体勢を崩しながら面を打つ仕掛け技が出来るようにしておくことも必要です。そもそも体当たりは、打った打突の勢いを利用して相手を崩して隙を作って、その瞬間にこちらが打たなければいけません。面を打った時には、手元を下げて腰から当たり、相手が下が...

巻き技が上手く出来ますか?これは自分の竹刀を相手の竹刀に絡めて、円を描くように巻き上げたり、そのまま落として構えを崩していくしかけ技になりますね。その為、攻めながら力強く巻いて相手の構えを大きく崩すことが成功するポイントになります。巻き落とし面のやり方としては、試合での攻防のなかで剣先を低くして攻め入りながら、竹刀を裏に回して一気に時計回りにまわして巻き落とし、体勢が崩れたところをすかさず面を打ち...

剣道の試合で中心をとることが出来ていますか?技を出すには、竹刀の剣先で相手の中心をとり攻めることが重要になりますね。中心をとるとは、一歩踏み込めば打て、一歩退けば相手の打突を外せる一足一刀の間合いをとりながら、自分の剣先が相手の中心に向くようにし、相手の剣先を外すことです。そうすれば、攻めやすくなり、その後の展開を有利に進めることが出来ます。そんな試合での中心の取り方は、そんきょの時から、いつでも...

払い技が出来ますか?相手の竹刀を払って構えを崩し、剣先を中心から外して打つのが払い技ですね。ですが、単に払って打てばいいということではなく、相手に隙が出来たり、動揺している時にこそ効果を発揮します。払い面なら手首のスナップを使って、左拳が自分の中心から外れないように注意しながら、大きく円を描くようなイメージで竹刀を払うようにします。また、表払いなら自分の竹刀の四分の1くらいのところの物打ちを意識し...

剣道の試合で引き技を決めることが出来ていますか?それには、やはり崩し方が大切になってきますね。例えば、引き胴なら、鍔元で相手の竹刀を押し下げるようにすれば、相手はすぐに押し上げようとしてくるので、その反動を利用して竹刀を振り上げ、そのまま下がりながら素早く胴を打てば決まりやすいでしょう。ただ、この時には手首を返し、体を真っ直ぐにして刃筋正しく打つことが大切です。これは、引き小手での崩し方でも同様に...

試合で小手返し面を決めることが出来ますか?相手の小手打ちを竹刀の表で受けて、それを裏に回して面を打つのが小手返し面ですね。小手に対する応じ技は、試合でも使う機会が多いのでしっかりマスターしておきたいものです。そんな小手返し面を成功させるためには、まず相手の竹刀を裏側に入れさせないことです。というのも、返し技にならないどころか、小手を打たれやすくなってしまうからです。その為、相手の竹刀を自分の表側で...

剣道の試合で引き小手を決めることが出来ていますか?引き小手も引き面と同じように、左足を引いて距離をとって、右足を踏み込むと同時に打つのが基本的な攻め方ですね。ですが、これではなかなか試合では1本がとれません。鍔迫り合いから引き面を打つ時には、左拳が体の中心にあることが基本ですが、引き小手は違ってきます。何故なら、小手は面や胴よりも手前の位置にあるので、そのまま両手を中心に置いたままでは間合いが狭い...

避けた後に面などの技をすぐに出すことが出来ていますか?剣道の打突の機会には、相手が打った後の技が尽きたところも有効になります。試合で勝つには、こうしたところで相手が出してきた技に対して応じて技を出す必要があります。これが出来ないと、試合にはなかなか勝てません。実際に日本剣道形を見ると、相手がくるところ抜いたり、すり上げたり、返して打ったりと、応じ技を出した方が勝っているのです。また、その機会を常に...