面返し面 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

面返し面のコツ

面返し面は、双方が中段の場合に相手の面打ちを竹刀の表で受け、手首を返して相手の右面(裏から面)を打つ場合が一般的ですね。
そして、面返し面が上手く出来ないという人に多く見られるのは、竹刀を大きく振りかぶって、相手の面打ちを自分の体の近くで応じているからです。

 

 

そのようになると、相手が自分い近づいた時には返していることになるので、打突しても元打ちになってしまいます。
したがって出来るだけ面を返す位置は遠いところで応じることが望ましいでしょう。
その為には、手を引き込むようにしないで前に出し、竹刀の中結あたりで相手の面を受けるようにすると良いです。

 

 

とは言え、実際に面を受ける位置は、もっと近くになると思いますが、遠くで受けるという意識を持って行わないと間に合わないのです。
また、腕全体を使って竹刀を操るのではなく、返し技は手首を柔らかく使うことが大切で、表から裏へ手首だけで回せれば理想的ですが、それ相応の手首の強さが必要になりますし、十分に鍛えていないで繰り返して行うと故障の原因にもなるので、肘から先を使って竹刀を裏に回せるようにしましょう。

 

 

また、返し面での足の使い方には、開き足を使う方法があります。
開き足で打突したら、そこからは歩み足で相手との間を切るようにします。ですが、ある程度のスピードある選手に対しては元打ちになることもあります。

 

 

その為、スピードのある相手に対応するには、構えた位置からほとんど動かないで応じるしかないでしょうが、その場で返し面を打っても相手の竹刀が妨げになって面が打てません。
そこで面返し面のコツとして、左後方に体をさばくようにします。

 

 

面を受けた時点で相手もかなり勢いがついているので、前に出るのではなく後ろに体をさばき、返し面を打つ瞬間に右足を一度浮かせて左足のところへ移動させて踏み込むのです。
それと合わせて、左足を左後方へひき、最後に右足を引きつけると左後方におのずと体さばきが出来るようになり、相手の竹刀が邪魔にならずに相手の右面を打てるようになるでしょう。

 

 

いずれにしても、剣道が強くて上手い人は「打ってよし、返してよし」なので、自分でそうした工夫をすることも、試合に勝つ為の強さに繋がるでしょう。

 

 

返し技などの応じ技について種類を分けて詳しく解説

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる