小手すりあげ面 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

小手すりあげ面のコツ

小手すりあげ面が上手く出来ていますか?
小手すりあげ面が上手く出来ない人に多く見られるのは、すり上げるつもりが右手が引き込むようになっているいるからでしょう。(右手の甲が下を向く)

 

 

左手の位置は変わりませんが、右手を手前に引き込んでいるのです。このようにしてすり上げを行っている全国レベルの選手もいますが、これは偶然に上手く行ったと考える方が良いです。
このようにすると、完全に小手の筒部を相手に見せているようになるので、相手が小手を打ち損じたから面が一本になったと考えるべきです。その為、試合巧者には小手を上手く打たれてしまうでしょう。

 

 

そもそも小手すりあげ面は、右手を引き込むようにするのではなく、右斜めに右手を移動させなければいけません。
そして、それに連動して左手も右方向へ動かすことが、裏からすり上げる際の正しい手の動きになりコツです。(右手の甲が上を向く。)

 

 

また、小手をすり上げる時に真横から払うようにする人もいますが、これでは小手すりあげ面ではなく、小手払い面になってしまいます。
裏で払うなら左側へいったん移動させてから、右に開くようにして払うようになることが多くなるので、小手を打ってくる相手に対して、そこまでの時間がないです。

 

 

また、払いを強くしようとすれば、必要以上に剣先が右に行くので、払って面の連動した動作が出来なくなり、間が一瞬空くようになり、相手に応じられやすくなるでしょう。
また、裏からのすりあげが一般的ですが、表からのすりあげ面も覚えておくと有利になれるので、両方マスターしておくと良いですね。

 

 

相手の小手を竹刀の表ですり上げて面を打つ場合は、相手の剣先を裏に入れさせないことが大切になります。この時に、極端に剣先を右に開く人も良く見受けますが、これでは反対に面を空けているようになり危ないので、右に身体を出して打っようにしましょう。

 

 

なお、表、裏の使い分けは相手によって変える必要があります。ほとんどの人は、小手を打った後は面を打たれまいとして、左右に体をさばくようにする筈です。
そして、右にさばくか、それとも左かは人それぞれなので、向かって右にさばく人に対しては竹刀が交錯して表からは難しいので裏からのすりあげ面をおこない、左にさばく人に対してなら表からおこなうように、相手によって表、裏の使い分けるようにしましょう。

 

 

小手すりあげ面の効果的な練習(稽古)方法をお教えします!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる