小手すりあげ面のコツ

小手すりあげ面が上手く出来ていますか?
小手すりあげ面が上手く出来ない人に多く見られるのは、すり上げるつもりが右手が引き込むようになっているいるからでしょう。(右手の甲が下を向く)

 

 

左手の位置は変わりませんが、右手を手前に引き込んでいるのです。このようにしてすり上げを行っている全国レベルの選手もいますが、これは偶然に上手く行ったと考える方が良いです。
このようにすると、完全に小手の筒部を相手に見せているようになるので、相手が小手を打ち損じたから面が一本になったと考えるべきです。その為、試合巧者には小手を上手く打たれてしまうでしょう。

 

 

そもそも小手すりあげ面は、右手を引き込むようにするのではなく、右斜めに右手を移動させなければいけません。
そして、それに連動して左手も右方向へ動かすことが、裏からすり上げる際の正しい手の動きになりコツです。(右手の甲が上を向く。)

 

 

また、小手をすり上げる時に真横から払うようにする人もいますが、これでは小手すりあげ面ではなく、小手払い面になってしまいます。
裏で払うなら左側へいったん移動させてから、右に開くようにして払うようになることが多くなるので、小手を打ってくる相手に対して、そこまでの時間がないです。

 

 

また、払いを強くしようとすれば、必要以上に剣先が右に行くので、払って面の連動した動作が出来なくなり、間が一瞬空くようになり、相手に応じられやすくなるでしょう。
また、裏からのすりあげが一般的ですが、表からのすりあげ面も覚えておくと有利になれるので、両方マスターしておくと良いですね。

 

 

相手の小手を竹刀の表ですり上げて面を打つ場合は、相手の剣先を裏に入れさせないことが大切になります。この時に、極端に剣先を右に開く人も良く見受けますが、これでは反対に面を空けているようになり危ないので、右に身体を出して打っようにしましょう。

 

 

なお、表、裏の使い分けは相手によって変える必要があります。ほとんどの人は、小手を打った後は面を打たれまいとして、左右に体をさばくようにする筈です。
そして、右にさばくか、それとも左かは人それぞれなので、向かって右にさばく人に対しては竹刀が交錯して表からは難しいので裏からのすりあげ面をおこない、左にさばく人に対してなら表からおこなうように、相手によって表、裏の使い分けるようにしましょう。

 

 

小手すりあげ面の効果的な練習(稽古)方法をお教えします!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<