返し技 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

返し技

返しの応じ技は、手元で相手の技を受け、瞬間的に相手の力を利用し手首を返し打突します。
すり上げとは逆になります。

 

 

【面返し胴】
比較的使いやすい面打ちに対する応じ技としては、面返し胴があります。
ですが、なかなか初めから面を返そうとしてもきまりません。

 

 

こちらからも十分に攻め、相手が打ち込もうとする瞬間の反応で返します。
いったん引き、間合いをとって応じ技としても使えます。

 

 

その為には、相手が面を打ちやすいように呼び込む必要があります。
そして、相手の竹刀を手元で受け、押し上げるように応じ技として打突するのが良いでしょう。

 

 

相手が出てくる時に右足を前に滑らす様にだし、左足を面を返すと同時に右足より前に出し、右斜め前に体をさばき、相手と自分の肩が接触するくらいの体さばきをします。

 

 

また、遅れた場合は、腰の回転と右手首の返しを速くし、打ちこみます。
そして、竹刀の返しやすり上げは出来るだけ剣先寄りになるようにし、出来るだけ体の前で応じ、返すようにするのが良いでしょう。

 

 

 

【面返し面】
相手を十分にひきつけ、右斜め上に剣先を押し上げるように受け、相手の打突を受け流す感じでに体を左になるように開きながら右面を打ちます。(手首を回転させる。)
また、相手の打突の速さや体の勢いなど、相手との関係で体さばきが変わってきます。

 

 

相手が出てきたタイミングで、一本を狙う技のコツを伝授!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる