出ばな小手 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

出ばな小手

出ばな小手も面と同様に、攻め勝っている状態から相手に技をだせて、その起こりをとらえます。
ですが、出ばな小手の場合は面と違って、相手の跳びこみを待たずに自分から打ちにいくことが大切です。

 

 

特に少年剣道では、相手が飛び込んでくるのを待って小手を打とうとするのを見かけますが、これでは相手に先に打たれてしまうので、攻めが効いて相手が起こりを見せたら、そこを狙って自分から小手を打ちに行きましょう。

 

 

出ばな小手のやり方としては、相手の中心を取りながら攻めていき、打ち間に入り相手が起こりを見せた瞬間に竹刀を小さく振りかぶり、足さばきを使って飛び込んで、相手より先に小手を打ちます。
その後は、素早く残心の姿勢をとるようにします。

 

 

そして、この出ばな技で小手を打つコツとしては、大きく振りかぶってしまうと先に相手に打たれてしまうので、相手の起こりに合わせて、竹刀を小さく振りかぶって手首を伸ばして鋭くコンパクトに振り下ろすようにすると良いでしょう。

 

 

また、出ばな小手で難しいのが、打突後の体のさばきではないでしょうか。
実際に打ったが相手とぶっかって、小手が当たっているのに残心がとれないが為に、一本にならなかったという人も少なくないでしょう。
そうならない為には、右足を左前方に出して小手を打つと、その後に自然と左足が右方向に向くようになり、回転がスムーズにでき、相手ともぶっからずに残心をとることが出来ます。

 

 

通常のしかけ技では、抜き胴を除けば足を真っ直ぐに前に足を出しますが、出ばな小手は右足を左前に出すようにしましょう。
なお、素振りや技など剣道全般に言えますが、コツを知ったつもりになっても、実際にやってみるとなかなか難しいものです。頭で考えながらゆっくり行えば出来るかも知れませんが、早く行ったり、ましてや試合では、頭で理解しているだけでは正しい素早い動作ができません。

 

 

ですので、体に覚え込ませて自然と意識しなくてもきちんと正しい動作ができるように反復練習をすることが、しいては剣道が強くなることに繋がります。

 

 

世界の小手が学べます!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる