面すり上げ面のコツ

面すり上げ面が上手く出来ますか?
こちらの攻めが効いている場合に、相手が面を打ってきたら、それをすりあげて面を打ちに行くと良いですね。

 

面すり上げ面

 

この面すり上げ面は、非常に多くの方からの質問の多い技で、間合いが詰まりやすく、すり上げ方もやや右斜めに出ながらになり、すりあげる位置に関する疑問も多くあります。

 

 

イメージとしては、相手の面に対して、竹刀を振り上げながら、その最中で剣先で円を描くようにして、相手の竹刀をすりあげ、そのまま面を打ちに行きます。

 

 

また、すり上げは相手の竹刀を返し技のように受けるのではなく、振り上げながら表鎬(おもてしのぎ)を使って相手の竹刀に触れていくような感じで行うといいと思います。
例えば、相手が一足一刀の間合いから、こちらが一歩入ってきたことに反応して相手が面を打ってきたら、それに応じて切り返すようにします。

 

 

その面を前で捌いて切り返せばカウンター気味に相手の面を捉えやすくなります。
ですので、面すり上げ面のやり方の一連の流れとしては、相手が面に来たら、それに合わせて竹刀を振り上げ、左手を中心から外さないよう注意して、右手で半円を描くように鎬で相手の竹刀をすりあげて、中心に剣先を戻しながら、そのまま面を打ちます。

 

 

相手が迫ってくる勢いを利用して出頭をとるようになるので、打突の勢いも十分。立合いから早い段階で一本をとれる、とても有効な技と言えるかと思います。

 

 

そして、面すり上げ面のやり方の一連の流れとしては、相手が面に来たら、それに合わせて竹刀を振り上げ、左手を中心から外さないよう注意して、右手で半円を描くように鎬で相手の竹刀をすりあげて、中心に剣先を戻しながら、そのまま面を打ちます。

 

 

面すり上げ面のコツとしては、手に力を入れすぎると上手くいかないので、手の内は柔らかくして力を入れずにすり上げるようにすると良いでしょう。
また、相手が小手を打ってくるようなら、こちらが面に行く途中ですり上げるようにすると良いでしょう。

 

 

なお、上段のなかにも、胴を打たれまいとして面を打ったらすぐに左手を胴のあたりまで下げる人がいます。
そのようなタイプにはすりあげ面が有効でしょう。

 

 

面すりあげ面の効果的稽古方法とは?

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<