払い小手のコツ

払い小手は、裏から相手の竹刀を払って崩して、小手に出来たスキを打つ仕掛け技ですね。
また、払い小手は表からも打つ方法もありますが、試合ではリスクが高くなります。

 

 

何故なら、表からの払いでは、相手の竹刀が戻るのを待って小手を打つようになるので、その間に相手に小手などを打たれたりする危険があるからです。
ですが、裏からなら竹刀の先に小手があるので、戻りを待つことなくすぐに打ちに行けます。

 

 

そんな裏からの払い小手のやり方は、一歩踏み込めば相手を切れる一足一刀の間合いから、剣先を低くして攻めて竹刀を裏に回して、剣先で半円を描くようにして、相手の竹刀を払い上げます。

 

 

そして、相手にスキが出来たところを、すかさず真っ直ぐに竹刀を振り下ろして、小手を打ちます。
この払い小手のコツは、相手の竹刀を払う際に、剣先で右半円を描かきながら竹刀を払うことです。

 

 

そうすることで払い上げた勢いのまま振りかぶることができ、一体の動作になることで、スムースに小手にうつることが出来るようになります。
ただ、試合では素早く小手を打つことが必要になるので、裏から相手の竹刀を払う場合は、右手の手の甲で払うようなイメージで小さくは合うといいでしょう。

 

 

それだけでも小手は空きますし、時間的にも十分打てる筈です。
逆に大きく払ってしまうと、自分の剣先も大きく動くようになるので、それだけ試合ではリスクが高くなります。
そのため、実戦では裏から小さく払って小手を打つようにしたほうが良いでしょう。

 

 

また、小手も面と同じように払う場所を相手によって変えることで、より一本がとりやすくなります。
通常は左斜め下から、相手の竹刀の中程あたりを払いますが、相手が竹刀をやわらかく握っているようなら剣先を払うのも有効です。

 

 

また、構えを確実に崩すには、竹刀の中程より奥をしっかり払い上げ、相手の剣先がこちらの身体よりから外れるくらい強く払う必要が相手のタイプによってはあるかもしれません。
ただ、気をつけたいのは、手先で払うのではなく、相手の間合いに体全体で入って行くようにしましょう。

 

 

世界の小手が学べます!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる

 

 

教士八段 香田郡秀先生の待望の新作剣道DVDがリリース

剣道上達革命に続き、【香田式】剣道の実力をつける稽古法という剣道DVDが新たに発売されました。


今回の教士八段 香田郡秀先生の剣道DVDの特徴は、『ひとり稽古』に焦点を当てて制作されている点が、前作の剣道上達革命と違う点です。

今のご時世、対人競技(武道)である剣道は大会や稽古の制限も掛かり、思うように練習ができないことが多々あります。

また、感染予防のため従来の試合方式やルールを変更して実施されることもあります。


そういった多くの悩みの声が香田先生の元へ届き、「ひとり稽古の極意を伝授する」今回の新作剣道DVDが制作されました。『DVD2枚組(合計180分)』

「稽古不足に悩んでいる」「コロナ対策の暫定ルールへの対処法が分からない」「身近にアドバイスをしてくれる人がいない」「どうやって自分の剣道を見直したらいいのか迷っている」「自宅で効果の上がる稽古をしてライバルに差をつけたい」という方は、香田先生の180日間にわたり回数無制限の個別メールサポートも付いています。

これからの剣道は『いかに密度の濃い、正しいひとり稽古を積み上げられたかどうか』で差が出てきます。


同じ時間一人で自宅で練習するにしても、実力が2倍、3倍にもなるとしたら・・・。

\安心の180日全額返金保証付き!/

>>【香田式】剣道の実力をつける稽古法を公式サイトで今すぐチェツクする<<