払い小手 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

払い小手のコツ

払い小手は、裏から相手の竹刀を払って崩して、小手に出来たスキを打つ仕掛け技ですね。
一歩踏み込めば相手を切れる一足一刀の間合いから、剣先を低くして攻めて竹刀を裏に回して、剣先で半円を描くようにして、相手の竹刀を払い上げます。

 

 

そして、相手にスキが出来たところを、すかさず真っ直ぐに竹刀を振り下ろして、小手を打ちます。
この払い小手のコツは、相手の竹刀を払う際に、剣先で右半円を描かきながら竹刀を払うことです。

 

 

そうすることで払い上げた勢いのまま振りかぶることができ、一体の動作になることで、スムースに小手にうつることが出来るようになります。

 

 

また、小手も面と同じように払う場所を相手によって変えることで、より一本がとりやすくなります。
通常は左斜め下から、相手の竹刀の中程あたりを払いますが、相手が竹刀をやわらかく握っているようなら剣先を払うのも有効です。

 

 

また、構えを確実に崩すには、竹刀の中程より奥をしっかり払い上げ、相手の剣先がこちらの身体よりから外れるくらい強く払う必要が相手のタイプによってはあるかもしれません。
ただ、気をつけたいのは、手先で払うのではなく、相手の間合いに体全体で入って行くようにしましょう。

 

 

世界の小手が学べます!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる