面応じ面 剣道上達革命DVD 香田郡秀 コツ 練習

MENU

面応じ面のコツ

返しの応じ技の一つに面応じ面がありますね。
剣道の試合でこちらの攻めが効いており、それによって相手が面を打ってきたら、それに応じて竹刀を返して面を打ちに行きます。

 

 

相手の面に対して応じる場合の基本のやり方としては、攻めが効いて相手が出てきても体勢を崩さずに技を受けられるようにしなければいけません。
竹刀は前の方や、少し手元を上に出し、竹刀の剣先からつばまでの部分である刃部の中心で、相手の竹刀の応じるようにします。

 

 

そして、相手の竹刀に応じたら、手の内を柔らかくして竹刀を返し、そのまま物打ち(竹刀の剣先から中ゆいまでの部分)で、相手の面をしっかり打ちます。
面を打ったら、残心の姿勢にすぐになるようにします。

 

 

この時に、面応じ面を含め、返し技で竹刀を返す時のコツは、力を入れ過ぎないように手の内を柔らかくして返すようにすることです。竹刀を強く握って、腕に力が入っていたりすると、相手の面に応じても、返し面が打てなくなってしまうので注意するようにしましょう。

 

 

剣道の練習を楽しみながら、効率的にレベルアップさせる方法!

 

剣道上達革命DVDの詳細を見てみる